診療科・部門

歯科口腔外科

HOME > 診療科・部門 > 診療科:歯科口腔外科

当科は開業医で対応困難な有病者の一般歯科治療や口腔内に問題を抱えた入院患者の治療・口腔機能管理等を行なっています。外来診療のみで入院を伴うような疾患には対応できませんが、咬合機能の改善を目指した患者さんに寄り添う診療を心掛けています。

診療科長あいさつ

細谷 誠

細谷 誠Dr. Makoto Hosotani

平成28(2016)年の東北医科薬科大学病院への移行に伴い、歯科から歯科口腔外科へと標榜名が変わってから早7年が経過しました。その間、院内・外から多数の患者さんをご紹介いただきまして改めて深く感謝申し上げます。現在は常勤歯科医3名、非常勤歯科医1名(東北大学病院歯科顎口腔外科)、歯科衛生士5名(非常勤1名)、歯科技工士1名の診療体制で年間延患者数約10,000名(新患者数約3,500名)の診療を予約制で行っています。以前は紹介状がなくても受診可能でしたが、大学病院となってからは初診時に原則紹介状が必要です。かかりつけ医療機関(医科・歯科)からの紹介状を持参していただけると幸いです。

当科では入院対応はしていませんので治療の対象となる疾患は外来診療で可能な疾患に限られています。全身疾患を有する患者の歯科治療や周術期口腔管理、開業医では対応できない難抜歯などの外科的治療を行っています。入院を伴うような疾患(腫瘍・外傷等)に関しては他の医療機関(東北大学病院、仙台医療センター)への紹介等を含め、患者さんの意向に沿った形での治療を提供していきたいと考えています。大学病院には様々な疾患を持った方々が多数来院してきます。歯科だけではなく他科と緊密に連携・協力しながら患者さんの口腔健康の改善・維持・向上に努めてまいりますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

診療方針と特徴

患者さんに寄り添う親切な医療、納得のいく医療を目指しています。主に有病者の歯科治療と外来対応可能な口腔外科的疾患の治療(抗血栓療法患者の抜歯、下顎水平埋伏智歯の抜歯等)を医科と連携を計りながら実施しています。またチーム医療の一環として術前クリニカルパス、がん患者等の周術期口腔機能管理の実施、NST(栄養サポートチーム)参加による低栄養患者の口腔支援などを通じて、入院患者の口腔機能管理を積極的に行っています。

歯科口腔外科

主な対象疾患

  • う蝕
  • 歯周病
  • 欠損補綴(義歯)
  • 顎関節症
  • 埋伏智歯などの難抜歯
  • 口腔粘膜疾患
  • 顎嚢胞
  • 口腔領域の化膿性炎症
  • 腫瘍
  • 外傷など

診療科の実績

患者数 令和3(2021)年

  • 月平均延患者数  850名(1日平均患者数42名)
  • 月平均新患者数  294名

手術件数 令和3(2021)年

  • 埋伏智歯抜去術 146例(下顎水平埋伏智歯112例)

ページトップへ

診療時間・お問合わせ

〒983-8512 仙台市宮城野区福室1-12-1

TEL:022-259-1221

FAX:022-259-1232

[休 診 日]土日祝祭日および年末年始

[面会時間]15:00~19:30

TOPへ

臨床研修医 宮城県に位置する東北医科薬科大学病院では、臨床研修医として、豊富な症例数と一人一人に合わせたプログラムで充実した研修を受けることができます。
イベントや病院見学会等を多数行っていますので、ぜひご参加ください。