診療科・部門

救急科

HOME > 診療科・部門 > 診療科:救急科

当科では、「歩いて救急外来を受診」する患者さんから、「心停止、原因不明の意識障害、ショック、重症呼吸不全(新型コロナウイルス感染症を含む)、敗血症、外傷、中毒、アナフィラキシー」などで救急搬送される重症の患者さんまで、幅広く初期診療と救命治療を行います。また血液浄化療法、人工呼吸、ECMO治療など、極めて重篤な患者さんの蘇生・集中治療を担当します。

診療科長あいさつ

遠藤 智之

遠藤 智之Dr. Tomoyuki Endo

救急科は平成28(2016)年4月に当院に新たにできた診療科です。
救急患者さんの重症度と緊急度を迅速に評価し、ときには確定診断よりも救命処置を優先し、生命を維持しながら決定的な診断と治療を行います。
またときには詳細な病歴聴取と丁寧な身体診察をもとに鑑別診断を進め、専門診療科の協力を得ながら診断と治療を行います。更に集中治療室における重症患者さんの管理も担当しています。

いかなる医療にも「チーム力」が求められますが、救命救急医療は最もチーム力を必要とする領域です。
チームにとって重要な存在は「リーダー」であり、困難な局面に面した時こそ信頼できる「リーダー」が必要です。当科が救命医療、蘇生・集中治療、そして災害医療の「リーダー」を育てる部門となるように、頑張っていきたいと思います。

診療方針と特徴

平日の日中は救急科医師が救急車を中心とした急患対応を行い、時間外(平日夜間+休日)は救急科医師と全科(麻酔科、小児科、産科、放射線科を除く)の医師が交代で救急車を含む急患対応を行っています。

休日・夜間でも、採血、心電図、超音波、レントゲン検査、CT検査、MRI検査などを実施し診断と治療を行います。

  • 老若男女を問わず、軽症から重症まで地域の救急医療ニーズに応え診療します。
  • 救命に必要な蘇生処置は、時期を失せず救急室で迅速に開始します。
  • 他科専門医や他職種との連携と調和を図りつつ、目の前の患者さんにとって最適な救急医療を提供します。
  • 人工呼吸器やECMOを要する重症呼吸・循環不全患者さんの集学的治療を担当します。
  • 医学生、研修医、専攻医に対して、救急・総合診療、集中治療、災害医療を指導します。
救急科

主な対象疾患

原則的にあらゆる急病の診療を行います。ただし、ショック状態の多発外傷、広範囲熱傷に関しては診療体制が整っていないため対応できません。

診療科の実績

令和3(2021)年度は、救急医6名でコロナ禍での救急医療を実践してきました。月毎の救急車の応需状況は60~70%で推移しており、令和3(2021)年度の救急車搬入台数は約3,400台です。
救急科では分類困難症例の入院診療や、重症患者のICU診療を担当し、難治性心停止や呼吸不全に対するECMOを含む集学的治療を積極的に行っています。重症新型コロナウイルス感染症に対するECMOも計4例に実施、全例生存退院しました。

令和4(2022)年現在、3次救命救急センターではないため、多発外傷、広範囲熱傷、四肢切断などの受け入れは原則的に行っていません。

教育内容と特徴

医学部教室名称:救急・災害医療学

研究テーマ

  • 日本救急医学会院外心停止レジストリ
  • 体外循環(ECMO)を用いた救急蘇生に関するシミュレーション教育の有用性
  • 瞳孔計を用いた神経機能評価
  • 偶発性低体温症に対する体外式模型人工肺(ECMO)の有用性について

教育方針

シミュレーションやオンラインレクチャーを通じて、BLS・ACLS・JATECなどの標準化された救急初期診療、蘇生診療を教育します。更に、緊急気道管理スキル、ショック初期診療、敗血症診療、ECMO診療などの、最重症患者の救命に必須の知識・スキル・マネジメントについてもシミュレーションと臨床を通して教育します。

また実地もしくはオンラインで、救急診療に関する勉強会を開催し、実際の症例の振り返りを通してエビデンスに基づいた救急診療・救急蘇生についての教育を行っています。

取得可能な資格

令和元年(2019年)12月31日まで救急科専門医指定施設に認定されていたため、新制度と並行して令和6(2024)年まで実施する現行制度試験(勤務歴審査)において令和4(2022)年以降も指定施設と同様に扱われます(=専従歴の加点1年につき5点加点)。

志をともにする医師を募集

救急センターでは、救急科医師、診療看護師、専属看護師が志を一つにして今後成長していくために、以下のCode(行動規範)をスタッフ間で共有しています。

Our Code

  • We Do The Best We Can
  • We Always Learn, Grow and Share Our Mind
  • We Stay Positive, Supportive and Organized

救急科では、常にポジティブで、コミュニケーション能力に優れ、新しいエビデンスに敏感で、瞬時の判断力と臨床スキルを持ち、チームの一員として困難を乗りきることができる救急医を育てるべく努力します。現在は人員が不足しています。

詳細は以下のメールアドレスにお問合せ下さい。
また、トップページの「当院で働きたい方」をご参照ください。

病院代表窓口(総務グループ)

E-mail:Please enable javascript

ページトップへ

診療時間・お問合わせ

〒983-8512 仙台市宮城野区福室1-12-1

TEL:022-259-1221

FAX:022-259-1232

  • [受付時間]8:30~11:30

    ※予約診療の方は予約時間までにお越しください。

     [開門時間]7:30
  • [診療時間]8:30~17:15
    ※診療科により受付時間・診療時間が異なりますので、下記の[各診療スケジュール]をご確認ください。

    ※診療科により受付時間・診療時間が異なります。
    ※予約診療の方は予約時間までにお越しください。

[休 診 日]土日祝祭日および年末年始

[面会時間]15:00~19:30

TOPへ

臨床研修医 宮城県に位置する東北医科薬科大学病院では、臨床研修医として、豊富な症例数と一人一人に合わせたプログラムで充実した研修を受けることができます。
イベントや病院見学会等を多数行っていますので、ぜひご参加ください。