臨床研究推進センター

HOME > 診療科・部門 > 臨床研究推進センター > 情報公開

情報公開

臨床研究等に関する情報公開(※オプトアウトを行っている研究を含む)

※患者さんの検体・情報を用いて行う臨床研究を行う際は、口頭または文書にて同意を取得します。
ただし、患者さん・一般の方への侵襲や介入を行わず、診療情報等のみを用いる研究や残りの検体を用いるような研究については、国が定めた指針に基づき、対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得るかわりに、研究の目的を含む研究の実施についての情報を公開し、患者さんが利用について拒否できる機会を保障することが必要とされています。これをオプトアウトと言います。

令和4(2022)年9月28日現在

当院で倫理審査を行い、承認された研究等の一覧

承認番号課題名実施責任部署詳細
2021-2-112 宮城県における子宮頸部上皮内病変でのHPV型別分布の調査研究 産婦人科 ※PDF
2021-2-115 頭頸部腫瘍におけるペリオスチン、Dアミノ酸、バゾヒビン、ペンドリン、等の発現様式の検討 耳鼻咽喉科 ※PDF
2021-2-319 「重症虚血性僧帽弁閉鎖不全症に対する乳頭筋に介入した僧帽弁形成術の有用性に関する多施設共同研究」(通称:MITRA PLUS) 心臓血管外科 ※PDF
2021-2-321 経口胆道鏡におけるRDI(red dichromatic imaging)の有用性:後方視的研究 消化器内科 ※PDF
2021-2-324 経口胆道鏡におけるRDI(red dichromatic imaging)の有用性の検討:
前向き症例登録研究
消化器内科 ※PDF
2021-6-017 膵腺房細胞癌の実態調査-多施設共同研究- 消化器内科 ※PDF
2021-2-326 軽症膵炎に対して迅速に低脂肪の固形食を開始することの有効性の検討:多施設ランダム化比較試験 消化器内科 -
2021-6-018 EGFR TKI既治療のEGFR遺伝子変異陽性肺癌に対するラムシルマブ エルロチニブ療法の第2相試験 呼吸器内科 -
2021-2-328 肺腫瘍患者における血漿中のLILRB4の解析 呼吸器外科 ※PDF
2021-2-330 アナモレリン塩酸塩による治療の現状と課題 薬剤部 ※PDF
2021-2-331 アトピー性皮膚炎をもつ学童期の患児と保護者の自己管理状況と思い 4A病棟 -
2021-2-335 アンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬(ARNI)が及ぼすCペプチド免疫活性(CPR)測定への影響について 糖尿病代謝内科 ※PDF
2021-2-337 COVID-19重症患者を受け持ったICU看護師の心身への影響とその対応 ICU(看護部) -
2021-6-019 カテーテルアブレーション全国症例登録研究 [J-AB 2022] 循環器内科 ※PDF
2021-6-021 脳卒中を含む循環器病対策の評価指標に基づく急性期医療体制の構築に関する研究 Close The Gap-Stroke J-ASPECT Study 脳神経外科 ※PDF
2022-2-001 肺癌組織検体におけるグルココルチコイド受容体等の発現動態に関する研究 呼吸器外科 ※PDF
2022-2-002 メサドン血中濃度とCYP2B6遺伝子多型およびQT間隔延長の関連性の解明 がん治療支援科 -
2022-6-001 難聴の遺伝子解析と臨床応用に関する研究 耳鼻咽喉科 -
2022-2-004 術後浸出液を用いた、乳癌初代培養システムの開発 乳腺・内分泌外科 -
2022-2-006 発達障害と聴覚情報処理障害の検討 耳鼻咽喉科 -
2022-2-008 “多発性硬化症患者への質問票”を利用した介入の検討、及び介入前後でのQOL変化の分析 6C病棟 -
2022-2-003 敗血症患者におけるthiamine、ascorbic acid、cortisol、copeptinの血中濃度の推移に関する前向き多施設観察研究 救急科 -
2022-2-005 膵癌発症のリスクとなる画像所見を明らかにする後方視的研究 消化器内科 ※PDF
2022-2-007 補聴器装用患者における聴力、患者背景と装用補聴器の実際 耳鼻咽喉科 ※PDF
2022-6-003 実臨床データを用いた肝門部領域胆管癌の術前ドレナージ法別の有効性と手術に及ぼす影響に関する検討 肝胆膵外科 ※PDF
2022-6-004 肺悪性腫瘍臨床検体を対象とした,多遺伝子変異検査システムMINtSと他種遺伝子変異検査との結果一致率を検索する後ろ向き観察研究(NEJ021D試験) 呼吸器内科 ※PDF
2021-2-238 大腸疾患におけるtmRT1の発現変動に関する研究 薬学部・
環境衛生学教室
※PDF
2022-2-009 膵に“くびれ所見”を認める症例に関する多施設共同前向き観察研究 消化器内科 -
2022-2-011 EMAST原発性上皮性卵巣癌におけるMSH3およびp53異常の検討 産婦人科 ※PDF
2022-2-015 低線量CTによる肺がん検診の精度および死亡減少効果評価のための個人単位ランダム化比較試験 西狭山病院
呼吸器科
-
2022-2-016 デジタルマンモグラフィの経時変化を自動検出するシステムの開発 乳腺・内分泌外科 ※PDF
2022-6-002 NGSを用いた希少難病家系の網羅的ゲノム解析の追加研究 小児科 ※PDF
2022-6-005 股関節治療の長期成績に関する後ろ向き研究 整形外科 ※PDF
2022-2-012 エクルーシス試薬IL-6の基礎検討研究 検査部 ※PDF
2022-2-013 OCセンサーCeresを用いたOC-ヘモディア®オートⅢ‘栄研’の基礎的性能評価 検査部 ※PDF
2022-2-017 急性期脳卒中患者の入院後初回内服時に看護師が行う嚥下評価の関する実態調査 看護部 -
2022-2-019 我が国における1型糖尿病の実態の解析に基づく適正治療の開発に関する研究 糖尿病代謝内科 ※PDF
2022-2-021 Comprehensive Aphasia Test(CAT)日本語版作成および信頼性と妥当性の検討 リハビリテーション部 -
2022-2-023 全国胆道癌の後方視的観察研究 肝胆膵外科 ※PDF
2022-6-006 80歳以上の高齢者心房細動患者に対するカテーテルアブレーション後の健康寿命、長期予後を明らかにするための多施設共同臨床研究 循環器内科 -
2022-6-007 切除不能正岡III/IV期・再発胸腺腫に対する治療の実態・有効性に関する観察研究(NEJ023B) 呼吸器内科 ※PDF
2022-2-026 自己免疫性神経疾患におけるヒトDCIRの機能理解とその制御方法の探索 免疫学教室 ※PDF
2022-2-032 脳神経外科手術における神経モニタリングによる神経機能予後予測精度の解析 脳神経外科 ※PDF
2022-2-033 便潜血測定装置OCセンサーCeresを用いたOC-カルプロテクチン‘栄研’と炎症性腸疾患の内視鏡所見及び他のバイオマーカーとの比較検討 検査部 -
2022-2-020 全自動便尿分析装置AA01を用いたネスコート Hb オート、ネスコート Cp オートの基礎性能評価 検査部 ※PDF
2022-2-024 便潜血検測定装置OCセンサーCeresを用いたOC-カルプロテクチン‘栄研’の基礎的性能評価 検査部 ※PDF
2022-2-025 遠隔期における集中治療後症候群の実態とリスク因子に関する多施設共同調査 SMAP-HoPe Ⅱ ICU ※PDF
2022-2-027 大腸がん術後合併症の薬剤関連リスク因子探索と予防対策の検討 薬剤部 ※PDF
2022-2-030 子宮平滑筋肉腫除外診断のための術前血液検査の有効性に関する後方視的コホート調査 産婦人科 ※PDF
2022-6-008 脳転移を有する非小細胞肺癌(NSCLC)に対する初回治療における免疫チェックポイント阻害薬(ICI)を含む治療の効果についての多施設後ろ向き観察研究(NEJ060) 呼吸器内科 ※PDF
2022-6-009 EGFRを除くドライバー遺伝子変異/転座陽性肺癌における免疫チェックポイント阻害薬治療の実態調査(NEJ059) 呼吸器内科 ※PDF
2022-6-011 EGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺癌PD-L1陽性例におけるEGFR-TKI治療レジメンの効果を比較する多施設共同観察研究(NJLCG2202) 呼吸器内科 ※PDF
2022-6-010 日本腹部救急医学会プロジェクト研究「Tokyo guideline時代の無石胆嚢炎—無石胆嚢炎の病因病態、治療法、および予後の全国集計」 肝胆膵外科 ※PDF

委員会議事録要旨

ページトップへ

診療時間・お問合わせ

〒983-8512 仙台市宮城野区福室1-12-1

TEL:022-259-1221

FAX:022-259-1232

  • [受付時間]8:30~11:30

    ※予約診療の方は予約時間までにお越しください。

     [開門時間]7:30
  • [診療時間]8:30~17:15
    ※診療科により受付時間・診療時間が異なりますので、下記の[各診療スケジュール]をご確認ください。

    ※診療科により受付時間・診療時間が異なります。
    ※予約診療の方は予約時間までにお越しください。

[休 診 日]土日祝祭日および年末年始

[面会時間]15:00~19:30

TOPへ

臨床研修医 宮城県に位置する東北医科薬科大学病院では、臨床研修医として、豊富な症例数と一人一人に合わせたプログラムで充実した研修を受けることができます。
イベントや病院見学会等を多数行っていますので、ぜひご参加ください。