臨床研究推進センター

HOME > 診療科・部門 > 臨床研究推進センター > 患者さんへ:臨床研究・治験とは

患者さんへ

臨床研究・治験とは

臨床研究とは、人を対象として行われる医学研究を指します。
病気の予防・診断・治療方法の改善や病気の原因の解明、患者さんの生活の質の向上を目的として行われます。病態の経過を前向き・後ろ向きに観察したり、新たな治療法を模索しています。実際の医療に活用できる確かな情報とするため、患者さんにご協力いただいて行われるのが臨床研究です。

東北医科薬科大学病院では、治験を含む様々な臨床試験を行っております。
臨床試験とは臨床研究の一部であり、新しい治療方法(医薬品や医療用器具など)が正しいか(効果や安全性)を証明する為に行う、人を対象とした試験のことをいいます。その臨床試験の中でも、国の承認を得る為に行う試験のことを「治験」といいます。臨床試験を行うには患者さんのご協力が必要です。

治験の必要性

病気で苦しんでいる人が世の中にはたくさんいますが、その人達を助けてくれるのが、薬であり医療用機器です。

それでも病気がよくならない人達には、より効き目があり、安全に使うことのできる薬(医療機器)の開発が求められます。
新しい薬(医療機器)の開発には、あらかじめ患者さんにこの薬(医療機器)を使用していただき、その安全性と有効性を詳しく調べる必要性があります。

その為に行われる試験、特にその結果(成績)を厚生労働省に認めてもらう為に行われる試験のことを「治験(ちけん)」と呼んでいます。

ページトップへ

診療時間・お問合わせ

〒983-8512 仙台市宮城野区福室1-12-1

TEL:022-259-1221

FAX:022-259-1232

[休 診 日]土日祝祭日および年末年始

[面会時間]15:00~19:30

TOPへ

臨床研修医 宮城県に位置する東北医科薬科大学病院では、臨床研修医として、豊富な症例数と一人一人に合わせたプログラムで充実した研修を受けることができます。
イベントや病院見学会等を多数行っていますので、ぜひご参加ください。