病院について

HOME > 病院について > 医療系学生の実習について:薬学部の実習

医療系学生の実習について

医療系学生の当院での実習に
ご協力をお願いいたします

本院はあなたに最善の医療を提供すると同時に、次世代の医療人を育成する責務があります。この責務を達成するため、本院では医学部生・薬学部生・看護学生、およびその他の医療系学生の実習を行っております。これらの医療系学生があなたの診療を担当する医療チームに参加することへのご協力とご理解をお願いいたします。なお、実習生には、医師と同様にあなたの個人情報とプライバシーに関して守秘義務が課されています。

東北医科薬科大学病院 病院長

薬学部の実習についての説明

薬学入門演習
(薬学部1年生:4月~6月)

薬学教育を受ける者として医療現場に足を踏み入れる第一歩としての実習です。患者・生活者の視点に立って様々な薬剤師の業務を見聞することで、薬剤師業務の重要性を学ばせていただきます。

【実習内容】
大学病院における薬剤師業務(調剤など)の見学、院内(病棟など)の見学など

【実習期間】
学生1名あたり半日

医療ボランティア実習
(薬学部2年生:8月・2月・3月)

看護師や看護助手に同行し、病院内でのボランティアを行います。医療現場におけるボランティアを実施することで、豊かな人間性と倫理観を養い医療人として求められる態度を学びます。また、一度薬学から離れて医療現場に身を置くことで、求められる薬剤師像を理解します。

【実習内容】
大学病院において看護師や看護助手の見守りのもと、環境整備(病室の消毒、車椅子整備)、衛生材料の準備・消毒、車椅子での移動介助、入浴介助、患者さんとの会話、薬の搬送など

【実習期間】
夏休みと冬休みの期間に5日間

病院実務実習
(薬学部5年生:通年)

この実習は、薬学部の教育課程で最も長い期間の実習となります。薬局で11週間の実習を受けた薬学部の5年生が病院で11週間の実習を行うものです。この実習を通して、薬剤師としての基本的な知識・態度・技能を学んでいきます。学生は全国共通の知識テストと技能テストを受けて合格した者のみが実習を行います。

【実習内容】
大学病院において指導薬剤師の監督のもと、調剤、注射薬の調製などを行います。病棟においては担当患者に対して指導薬剤師同席でお薬の説明などを行います。

【実習期間】
5月下旬~8月上旬(11週間)、8月中旬~11月上旬(11週間)、11月下旬~2月中旬(11週間)

臨床薬学研修Ⅰ
(薬剤師資格を有する大学院1年生:4月~9月)

薬剤師資格を有する大学院生が医療チームの一員として薬物療法に従事しながら、医療現場における課題や医療の限界を感じることで、薬学研究の重要性や意義を理解します。

【実習内容】
大学病院において指導薬剤師の監督のもと、薬剤師業務(調剤、薬の説明など)を行います。病棟においては担当患者の有効かつ安全な薬物治療を支援するために、毎日お話しを伺います。

【実習期間】
4月初旬~9月末日

[薬学部の実習に関するお問い合わせ先]

東北医科薬科大学病院 薬剤部

ページトップへ

診療時間・お問合わせ

〒983-8512 仙台市宮城野区福室1-12-1

TEL:022-259-1221

FAX:022-259-1232

  • [受付時間]8:30~11:30

    ※予約診療の方は予約時間までにお越しください。

     [開門時間]7:30
  • [診療時間]8:30~17:15
    ※診療科により受付時間・診療時間が異なりますので、下記の[各診療スケジュール]をご確認ください。

    ※診療科により受付時間・診療時間が異なります。
    ※予約診療の方は予約時間までにお越しください。

[休 診 日]土日祝祭日および年末年始

[面会時間]15:00~19:30

TOPへ

臨床研修医 宮城県に位置する東北医科薬科大学病院では、臨床研修医として、豊富な症例数と一人一人に合わせたプログラムで充実した研修を受けることができます。
イベントや病院見学会等を多数行っていますので、ぜひご参加ください。