診療科・部門

HOME > 診療科・部門 > リウマチ科

リウマチ科

診療内容

関節や筋肉の痛みがあるリウマチ性疾患(下記)、及び発熱したり体に発疹などの出る膠原病(下記)が主たる診療対象となります。

いずれの病気も長期に亘ることが多くなります。
特に膠原病の中には難病として(医療扶助を受けられる)特定疾患に指定されている病気も多いのですが、近年は関節リウマチ(リウマチ、RA)に対する生物学的製剤など治療が著しく進んで来ています。

①最新治療を含めその方に合った診療を行ないます。
②早期からのリハビリにも積極的に取り組んでいます。

主な対象疾患

リウマチ性疾患は関節リウマチ、変形性関節症、反応性性関節炎、痛風ら関節が痛いまたは腫れたりする病気です。
膠原病には全身性エリテマトーデス(SLE)、混合性結合織病(MCTD)、強皮症、皮膚筋炎、多発動脈炎、ウェゲナー肉芽腫症などのANCA関連血管炎、大動脈炎症候群、シェーグレン症候群、ベーチェット病、成人スティル病などがあります。
原因不明熱や種々の感染症も診ています。

外来診療日のご案内

午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後

休診等のお知らせ

担当医スケジュール一覧

リウマチ・
膠原病
午前 佐々木毅 佐々木毅
高澤德彦
佐々木毅
高澤德彦
高澤德彦 城田祐子
[東北医薬大]
午後 石井智徳

診療時間・お問合わせ