診療科・部門

HOME > 診療科・部門 > 診療科:小児科

小児科

小児(0歳から中学生まで)の内科的疾患を診療しますが、お子様が病気になってどの科を受診したらよいか分からないときは、まず小児科を受診してください。

診療科長あいさつ

当院の小児科は昨年平成28(2016)年5月9日、藤井喜充准教授[(平成3(1991)年大分医科大学卒)]と森本[(平成3(1991)年山形大学卒)]の2名体制で診療を開始しました。平成29(2017)年7月から市川由香里助教[(平成20(2008)年和歌山県立医科大学卒)]が着任し、平成30(2018)年4月からは北沢博助教[(平成12(2000)年東北大学卒)]と川合英一郎助教[(平成16(2004)年東北大学卒)]が着任しました。また、平成31(2019)年4月からは小児科専攻医2名(大場周平医師、佐藤幸恵医師)を迎え、今後さらにスタッフを増員して診療を充実してゆく予定です。

大学病院とはいえ、現在は肺炎や胃腸炎など感染症を中心とした一般的な小児疾患の診療が主体ですので、どうぞお気軽に受診して頂きたいと思います。また、それぞれの専門分野(蛋白尿・血尿などの腎疾患領域、食物アレルギー・アトピー性皮膚炎・気管支喘息などのアレルギー疾患、心雑音・不整脈などの循環器疾患)にも対応できますのでご相談ください。

森本 哲司

森本 哲司Dr. Tetsuji Morimoto

診療方針と特徴

子どもの体調不良すべてに対応いたします。
必要に応じて検査、点滴などの処置、さらに入院診療を行います。より専門的な医療が必要な場合には、仙台市内の他の医療機関と連携してまいります。
午前中は一般外来、午後に予防接種・健診や各専門外来を予約制で行います。また、急病に対してはご連絡を頂いたうえで随時対応いたします。

主な対象疾患

  • 気管支炎、肺炎
  • 気管支喘息
  • 胃腸炎
  • 便秘症
  • 尿路感染症
  • 学校検尿異常の精密検査
  • 花粉症(アレルギー性鼻炎)
  • 夜尿症
  • 川崎病
  • 心雑音・不整脈の精密検査
  • 食物アレルギー
  • アトピー性皮膚炎
  • じんましん
  • アナフィラキシー

診療科の実績

入院患者内訳 平成30(2018)年度

食物負荷試験136例
気管支炎、肺炎129例
川崎病17例
感染性胃腸炎15例
気管支喘息10例
尿路感染症7例
中耳炎7例
アトピー性皮膚炎(教育入院を含む)3例
その他50例

教育内容と特徴

医学部教室名称
小児科学
研究テーマ
  • 腎尿細管の各分節における水・イオン輸送の解析
  • 小児アトピー性皮膚炎の病態解析、食物アレルギーに対する経口免疫療法の検討
  • 小児循環器、川崎病の疫学研究
教育方針

小児科は子どもの全身を診る、すなわち全人的な医療が求められる診療科です。そのため守備範囲がとても広いですが、少なくとも各分野の重要な疾患を確実に診断、治療ができるように学生、研修医に対して教育、指導を行います。また、今年度以降は各スタッフが自身のテーマに沿って医学研究も推し進めたいと考えています。

取得可能な資格

日本小児科学会専門医。
今後、日本アレルギー学会専門医が取得できる体制を整えます。

志をともにする医師を募集

大学病院として地域住民の信頼を得られるような診療体制を築き、また医育機関として教育および研究を推進して行くために人員が不足しており、教員(講師、助教)を若干名募集します。

詳しくは、下記のメールアドレスに診療科を明記の上お問い合わせください。

病院代表窓口(総務グループ) E-mail:Please enable javascript

ページトップへ

診療時間・お問合わせ

〒983-8512 仙台市宮城野区福室1-12-1

TEL:022-259-1221

FAX:022-259-1232

[受付時間] 8:30~11:30 ※予約診療の方は予約時間までにお越しください。

[診療時間] 8:30~17:15

※診療科により受付時間・診療時間が異なりますので、下記の[各診療スケジュール]をご確認ください。

[休 診 日] 土日祝祭日および年末年始

[面会時間]11:30~13:00 15:00~20:00

TOPへ

臨床研修医 宮城県に位置する東北医科薬科大学病院では、臨床研修医として、豊富な症例数と一人一人に合わせたプログラムで充実した研修を受けることができます。
イベントや病院見学会等を多数行っていますので、ぜひご参加ください。