診療科・部門

HOME > 診療科・部門 > 診療科:感染症内科

感染症内科

当科では、感染管理の考え方も必要となるインフルエンザなど伝染性急性疾患の他、結核・MAC症などの抗酸菌症、MRSAや緑膿菌に代表される耐性菌などによる難治性感染症を、特に診療・マネージメントしています。
その他、免疫不全を有し、重症度が高い患者の肺炎や敗血症、不明熱症例なども、最新の抗菌化学療法をベースに、臓器の枠を超えて、積極的に診療しています。

診療科長あいさつ

感染症は、細菌やウイルス、寄生虫などの微生物によって惹起される疾患群です。
微生物の種類のみならず、その患者さんの状態や、どの臓器に感染したかでも、さまざまな病態を呈します。したがって、感染症診療においては、原因菌をきちんと検索・同定することと、患者さんの状態を的確に把握することが特に重要です。これには、内科学や臨床感染症学はもちろん、細菌学や薬理学などの基礎医学も含めた、幅広い知識と経験をベースに、丁寧に、一例一例に向き合うことが求められます。

広範な知識が要求される部門でありますが、幸い、私はこれまで赴任してきた大阪大学や長崎大学で感染症診療、そして感染制御活動の現場に携わり、学んで参りました。
今度は、この東北医科薬科大学にて、病院や地域全体で、医師のみならず、多職種の医療スタッフとも連携し、最新の医療を導入しながら、患者さん個人の意思も尊重する医療を行って、お役に立ちたいと考えています。

関 雅文

関 雅文Dr. Masafumi Seki

診療方針と特徴

感染症内科は、あらゆる感染症に対して的確な診断を下し、適正な抗菌薬治療を行う、もしくはその支援を行う部門になります。
原因菌が比較的はっきりしている疾患群はもちろんですが、原因不明の発熱や下痢、発疹などを呈する患者さんの診断や治療も積極的に行います。また、感染症内科は臓器横断的な部門であり、すべての診療科に関連します。多様な患者さんの受け皿になれればと考えています。

また、感染症診療においては治療もですが、ワクチンによる予防や耐性菌対策が重要となってきています。そのため、日々の院内感染対策が重要です。
私たちは、いち早く耐性菌の存在を察知して、また不適切な抗菌薬使用を是正し、新たな耐性菌や感染の伝播を防ぎます。これらは、病院の安全管理としてもきわめて重大な任務であり、安全な病院構築に努めます。

主な対象疾患

  • 呼吸器感染症(インフルエンザ・肺炎など)
  • 抗酸菌症(結核、MAC症など)
  • 菌血症・敗血症(心内膜炎を含む)
  • 難治性・耐性菌感染症(MRSAや緑膿菌など)
  • 消化管・肝胆感染症(C.difficle感染症やアメーバ赤痢など)
  • 性感染症(クラミジア、梅毒など)
  • エイズ
  • 真菌(特にアスペルギルスやカンジダ、クリプトコックス)などによる
    全身性の日和見感染症
  • 蜂窩織炎など皮膚軟部組織感染症
  • 化膿性脊椎炎など難治性骨・関節感染症
  • 不明熱など

診療科の実績

外来診療数・入院延べ患者数 平成30(2018)年度

外来診療数1,893人
入院延べ患者数2,034人

平成30(2018)年には感染症専用の外来ブースが新設され、外来も(毎日対応)としています。(月)にはワクチン・渡航外来も行っています。
入院も積極的に受け入れており、基本ベッド数は10床となっています。
この他に、院内コンサルテーションも、フィードバックは月平均70件ほどになっています。
難治性感染症症例の受け皿としても、一般的な感染症症例の外来・入院診療、感染管理の相談先としても一定の認識をいただいています。

教育内容と特徴

医学部教室名称
感染症学
研究テーマ
  • 重症感染症の病態解明と新たな治療戦略の検討
  • 耐性菌伝播防止へ向けた診断・環境整備 (Infection Control)と抗菌薬適正使用支援 (Antimicrobial Stewardship)の実践
教育方針

平成29(2017)年度より、医学部教室として本格スタートしています。システムやポジションも順次整えているところです。研究としては以下のように予定しています。

インフルエンザ関連肺炎に代表される予後不良な重症感染症に特に焦点を当て、その病態解明や新たな治療法の可能性を、臨床医の立場から多角的に研究・アプローチしていきます。

本医学部教育研究棟が完成して研究環境が整えば、マウスや細胞を用いた基礎的感染実験なども順次再開予定です。
また、本学に大学院が設置されるまでの間は、東北大学大学院の協力を得て、社会人大学院枠を利用しての学位取得も可能となっています。

なお、医学教育に関して、当教室は統括講義、診療科臨床実習、課題研究、感染症学系統講義、症候学などを担当しています。
その他、早期体験学習やチーム医療(感染・抗菌薬適正使用支援チーム)(1年次)、微生物学(2年次)、OSCE以降の臨床実習(4~6年次)などにも関わっていますので、学生の皆さんと接する機会も多くなっています。

取得可能な資格

診療科長が日本感染症学会指導医、Infection Control Doctorの資格を有しており、もちろん当院は、同学会の認定医を取得するための施設にも認定されていますので、感染症関連領域での資格取得はまったく心配ありません。

その他、日本内科学会(総合内科専門医、指導医、JMECCインストラクター)、日本呼吸器学会(指導医)、日本化学療法学会(抗菌化学療法指導医、抗菌薬臨床試験指導医)、日本結核学会(指導医)、日本臨床微生物学会(認定医)、日本医真菌学会(認定専門医)など一連の学会資格も有しているため、呼吸器専門医も含めた多角的な専門医取得が可能ですし、全面的に応援します。

志をともにする医師を募集

本学の設置された仙台は、東北地域ではもちろん随一の大きな街であると同時に、緑に満ち溢れた美しい街でもあります。

今回の医学部開設に際して、東日本大震災で多大な被害を受けた東北地域の医療に貢献すべく、多くの優秀な医師を育て、地域の方々の喜んでいただくように、これまで赴任してきた大学や2回の米国留学(ネブラスカ大学、ミシガン大学)などで得た経験や学識をお伝えできればと考えています。さらに、新設医大だからこそ可能な、斬新な試みにも挑戦し、その成果を、日本全体に、世界にも発信できればと、決意を新たにしています。

診療と教育、そして研究をともにしてくれるメンバーがまだまだ不足しています。
教員(病院教授・准教授・講師・助教)はもちろん、研修医の先生方の募集も随時行っています。
詳細は以下のEメールアドレスに診療科を明記の上お問い合わせください。
皆さんとご一緒できるのを楽しみにしています。

病院代表窓口(総務グループ) E-mail:Please enable javascript

ページトップへ

診療時間・お問合わせ

〒983-8512 仙台市宮城野区福室1-12-1

TEL:022-259-1221

FAX:022-259-1232

[受付時間] 8:30~11:30 ※予約診療の方は予約時間までにお越しください。

[診療時間] 8:30~17:15

※診療科により受付時間・診療時間が異なりますので、下記の[各診療スケジュール]をご確認ください。

[休 診 日] 土日祝祭日および年末年始

[面会時間]11:30~13:00 15:00~20:00

TOPへ

臨床研修医 宮城県に位置する東北医科薬科大学病院では、臨床研修医として、豊富な症例数と一人一人に合わせたプログラムで充実した研修を受けることができます。
イベントや病院見学会等を多数行っていますので、ぜひご参加ください。