診療科・部門

HOME > 診療科・部門 > 診療科:肝胆膵外科

診療科紹介

肝胆膵外科

肝胆膵外科

肝胆膵外科の担当する臓器は、肝臓、胆道(胆嚢、胆管、十二指腸乳頭部)および膵臓で、これらは消化器に分類されております。
疾患は悪性腫瘍から良性腫瘍、さらに急性胆嚢炎なども診療しております。肝胆膵以外では脾臓の外科治療も担当します。

診療科長あいさつ

肝胆膵は消化器に分類されていますが、胃や大腸などの管腔ではなく、消化酵素を分泌し消化を促進したり、インスリンなど各種ホルモンを分泌し血糖のコントロールや消化管運動を制御したり、消化の司令塔と考えても良い重要な臓器です。特に肝臓はグリコ−ゲンの貯蔵、タンパク質の合成、解毒・代謝さらには免疫まで関与する重要な臓器です。また動脈・静脈や門脈さらには胆管などが複雑に絡み合って臓器をつなげているため解剖学的に複雑で、肝胆膵の手術には広い知識と高い技術が必要な分野であります。例えば、膵頭部の腫瘍を切除する膵臓の代表的な膵頭十二指腸切除術は、消化管と胆管および膵管の3つのつなぎ直しが必要であり、高度な縫合技術が必要であります。しかも脈管や胆管は解剖学的なバリエーションが多いため、個々の病態に合わせた適切な術式が求められています。そのため常にCTやMRIなどから得られた画像をもとに詳細にディスカッションをチームで行い術式を決めております。

片寄 友

片寄 友Dr. Yu Katayose

また肝胆膵の手術は、複雑な臓器形態のため長時間必要で高侵襲な手術であることが多いですが、腹腔鏡による手術を積極的に取り入れて、より体に優しい低侵襲な手術を積極的に取り入れております。

最近は高齢化が進み、さらに医療技術が進歩し、高齢でも手術適応となることが多くなっています。そのため“がん治療支援(緩和)科”と協力し術後の機能低下予防(サルコペニア予防など)のため、手術前に栄養サポート、筋力増強などプレハビテーションを行い、安全に手術ができるように努めています。

このように肝胆膵外科は広い知識・高度技術が必要であり、肝胆膵外科学会高度技能指導医、膵臓学会指導医、胆道学会認定指導医、肝臓学会専門医が、若手医師の指導を行っております。

診療方針と特徴

消化器内科とのカンファランスを踏まえて、ガイドラインの標準治療に則りながら、患者さんの個々の状況も十分考慮し、総合的に治療法を選択します。手術の詳細な術式については、消化器外科との合同カンファランスで最終的に決定しております。

肝胆膵疾患の外科手術は、長時間となることもありますので、「インフォームドコンセント(十分な説明を受けた上での同意)」のもとに治療法にご理解をして頂いて治療方針を決めています。

難治性の肝胆膵疾患では、外科切除ばかりでなく化学療法や放射線治療も適応となる場合もあります。各科と密接な連携をとりながら治療を進めております。また、他院からのセカンドオピニオンも常時受付ておりますので、ご相談ください。

主な対象疾患

肝疾患肝臓癌(肝細胞癌、肝内胆管癌)、転移性肝腫瘍、肝嚢胞性疾患、肝血管腫、肝内結石症など
胆道系疾患胆管癌、胆嚢癌、十二指腸乳頭部癌、胆嚢結石症、総胆管結石、胆嚢炎、先天性胆管拡張症、膵胆管合流異常など
膵疾患膵癌、膵管内腫瘍(IPMN、MCN)、膵内分泌腫瘍(インスリノーマ、ガストリノーマ)、膵血管腫、慢性膵炎(膵石症)、仮性膵嚢胞など
脾疾患脾腫瘍、門脈圧亢進症など

診療科の実績

手術実績
平成31年/令和元年(2019年)

膵、胆嚢、胆管手術手術件数うち
(鏡視下・併用)
膵切除 膵頭十二指腸切除16件0件
膵体・尾部切除8件4件
慢性膵炎手術1件0件
肝切除
(胆管切除伴わない)
肝部分6件2件
肝区域4件1件
2区域以上5件0件
肝切除
(胆管切除伴う)
肝切除
(胆管切除伴う)
2件0件
胆嚢・胆管 胆嚢摘出(悪性)2件0件
(胆嚢+)
胆管切除(悪性)
1件0件
胆嚢摘出(良性)142件139件
(胆嚢+)
胆管切除(良性)
1件1件

教育内容と特徴

医学部教室名称:外科学第一(肝胆膵外科)

研究テーマ

  • 肝胆膵疾患の外科治療
  • 肝胆膵悪性腫瘍の集学的治療
  • 膵・胆道癌の分子生物学的解析

教育方針

肝胆膵疾患を治療するには、消化器全般の知見も必要なため、専門性が高くかつ広い知識のある外科医の育成を目指しております。専門医の定着により本学の使命である地域医療に貢献できると考えております。また、積極的に臨床研究に取り組みながら手術適応や術式の標準化を確立し、常に最新の治療法を見極めながらグローバルに活躍できる外科医の育成を進めます。これまで培った人脈から、肝胆膵疾患のハイボリュームセンターへの手術見学なども可能です。

取得可能な資格

現行制度では日本外科学会指定施設、日本消化器外科学会認定施設、日本胆道学会認定施設、日本腹部救急医学会認定施設となっており、日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医、日本肝胆膵外科学会高度技能専門医、日本内視鏡外科技術認定医、日本腹部救急医学会認定医の取得が可能です。

志をともにする
医師を募集

本学は「東北地方の地域医療を支える」という明確な使命を持っています。
この使命に共感し、共に学び共に働くスタッフ(教員、後期研修医)を募集しています。
勤務の詳細については以下のメールアドレスに診療科を明記の上お問い合わせください。

病院代表窓口(総務グループ)

E-mail:Please enable javascript

ページトップへ

診療時間・お問合わせ

〒983-8512 仙台市宮城野区福室1-12-1

TEL:022-259-1221

FAX:022-259-1232

[受付時間] 8:30~11:30 ※予約診療の方は予約時間までにお越しください。

[診療時間] 8:30~17:15

※診療科により受付時間・診療時間が異なりますので、下記の[各診療スケジュール]をご確認ください。

[休 診 日] 土日祝祭日および年末年始

[面会時間]11:30~13:00 15:00~20:00

TOPへ

臨床研修医 宮城県に位置する東北医科薬科大学病院では、臨床研修医として、豊富な症例数と一人一人に合わせたプログラムで充実した研修を受けることができます。
イベントや病院見学会等を多数行っていますので、ぜひご参加ください。