HOME > 診療科・部門 > 診療科:総合診療科

総合診療科

総合診療科では、患者さんご自身のみならず、ご家族、お住まいの地域にも視点を向けて、患者さんの立場に立った診療を、幅広い診療能力を持った医師が担当しています。
どこの診療科にかかったらいいのか分からない患者さん、なんとなく具合が悪い患者さん、沢山の疾患をお持ちの患者さんは、是非、総合診療科を受診されてください。

診療科長あいさつ

総合診療科科長の古川勝敏です。前職では、宮城県内で高齢者を中心に内科診療に携わっておりました。本院の総合診療科は、平成28(2016)年春より体制を刷新し、新たなスタッフを加えて診療に当たっています。本院には数多くの診療科があり、患者さんによってはどの診療科にかかっていいか分からない、迷ってしまう、という患者さん、また、とにかく具合が悪いのだけど、診断がはっきりしないといった患者さんにつきましては、まず総合診療科を受診していただき、我々が診療に当たります。当科の診療の中で、より適切な診療科が見つかった場合には、そちらの診療科に紹介をいたします。

これら総合診療を通して、被災地も含めた地域医療の充実に向けても貢献してまいります。また総合診療専門医制度が開始されましたので、総合診療専門医の育成にも努めていきます。

古川 勝敏

古川 勝敏Dr. Katsutoshi Furukawa

診療方針と特徴

総合診療科では、どこの診療科にかかっていいかわからない、診断がはっきりしないなどの患者さんの診療を行います。また、複数の臓器の問題、複数の疾患を抱えた患者さんの診療、ケアにも従事しています。診療は、外来のみならず、入院患者さんの治療も担当しています。

診察は基本的な身体の診察を行い、また病気の予防・健康の相談も行います。より適切な専門の診療科が見つかった場合には、その診療科に紹介し引継ぎます。また、本院のいずれの診療科でも対応できない患者さんの場合は他院の適切な診療科を紹介いたします。

主な対象疾患

特に対象疾患は設けておりません。総合診療科医師は、一般外来診療、一般入院診療に加えて救急センターでの救急医療も担当し、多彩な患者を診察しています(下図1、表1)。また、当科医師は、認知症疾患センターにも所属し、もの忘れ外来ならびに認知症診療にも従事しています。

診療科の実績

図1 総合診療科外来患者の主訴別割合 平成29(2017)年5月~7月

総合診療科外来患者の主訴別割合(平成29(2017)年5~7月)

発熱患者の次に多く「その他」の主訴の患者を診療していますが、この中にはリンパ節腫脹、電解質異常、血液疾患、膠原病疑いなどが含まれ、より多様な主訴の患者を診療していることを反映しています。

表1 総合診療科入院患者の例

主訴、入院経緯診 断転 帰
原因不明の発熱急性心膜炎、心タンポナーデ心嚢穿刺、消炎鎮痛薬で改善し退院。
息切れ頻脈誘発性心筋症、心房粗動除細動し心不全改善。循環器科にてカテーテルアブレーションし退院。
超高齢者の転倒、外傷徐脈性心房細動による心不全ペースメーカー植え込み自宅退院(独居)。
認知症患者の意識レベル低下、発熱感染性心内膜炎、多発性脳梗塞内科的に加療し、施設入所。
高齢者の頭痛クラウンデンス症候群鎮痛薬にて改善し退院。
施設入所中の患者の発熱悪性症候群薬剤治療にて改善し、施設に退院。
下肢壊疽で入院した患者が心不全発症糖尿病、下肢壊疽、心不全集中治療室での加療を要した。施設入所。
認知症施設入所中の汎血球減少ビタミンB12欠乏症、大球性貧血、亜急性連合性脊髄変性症ビタミンB12を補充し、リハビリし元の施設に退院。外来で補充継続。
リウマチでステロイド内服中の患者の発熱重症尿路感染症、敗血症性ショック集中治療室での加療を要したが改善。

総合診療科では、外来診療に加え入院診療も行っています。表に示すように、多様な背景、主訴で入院に至った患者さんを、院内の多くの科や多職種と連携をとり、時には集中治療室での加療を行ない、社会背景の調整も行い、最適な退院後の生活につなげています。

教育内容と特徴

医学部教室名称
地域医療学
研究テーマ
  • 東日本大震災後の被災者の健康状態、
    医療環境の調査ならびに健康増進のための介入研究
  • 地域医療再生への取り組み
  • 森林揮発性物質に生理作用
  • 心筋の虚血再灌流障害と酸化ストレス
  • 裾野の広い専門医・総合医の養成
教育方針

医学教育においては、学生、研修医に対して、全身、全ての臓器、全ての疾患に対応できるべく総合診療の基礎と応用の指導を行います。
臨床実習では、患者さんの心身の問題のみならず、生活背景、ご家族、地域の情報も統合して診療に当たるように教育を行います。

また、地域医療教育として、医学部学生に対して東北6県にある東北医科薬科大学のサテライトセンターならびにネットワーク病院での地域医療実習も担当しています。地域医療実習では、病院のみならず診療所、介護施設、在宅医療の現場での教育の指導を行います。
また、科長の古川は東北大学の客員教授も務めており、東北大学大学院の協力を得て、社会人大学院枠を利用し研究の指導を行い、学位取得を可能とします。

取得可能な資格

プライマリ・ケア認定医、家庭医療専門医、総合診療専門医、内科専門医が取得可能です。

志をともにする医師を募集

総合診療、地域医療のトレーニングを受けたい、従事したいという医学生、医師の方々がいらっしゃいましたら、是非以下のEメールアドレスに診療科を明記の上お問い合わせください。
また、研修医の募集も随時行っています。
詳細は「当院で働きたい方」をご参照ください。

病院代表窓口(総務グループ) E-mail:soumuhosp.tohoku-mpu.ac.jp

ページトップへ

診療時間・お問合わせ

〒983-8512 仙台市宮城野区福室1-12-1

TEL:022-259-1221

FAX:022-259-1232

[初診・再診]受付時間 8:30~11:30

[休診日]土日祝祭日および年末年始

[面会時間]11:30~13:00 15:00~20:00

TOPへ

臨床研修医 宮城県に位置する東北医科薬科大学病院では、臨床研修医として、豊富な症例数と一人一人に合わせたプログラムで充実した研修を受けることができます。
イベントや病院見学会等を多数行っていますので、ぜひご参加ください。