診療科・部門

HOME > 診療科・部門 > 診療科:脳神経外科

脳神経外科

脳神経外科全般にわたり最新の医療を提供します。
患者さんおよび御家族の立場に立った医療を提供します。

診療科長あいさつ

東北医科薬科大学病院脳神経外科は平成30(2018)年4月1日にスタートしました。新大学病院棟(病室、手術室、検査室等)も平成31(2019)年4月に稼働しました。

当科の役割は大きく3つに分けられます。1つは新しい大学での脳神経外科学の学生教育、2つ目は地域医療に貢献できる脳神経外科医の育成、3つ目は多賀城、塩釜を含む仙台の東側の地域医療の充実であります。新生児から高齢者まで、脳神経疾患全般にわたり最新の治療を提供します。脳卒中や頭部外傷など救急患者に対しては365日24時間体制で臨む予定で、患者さんおよび御家族のための脳神経外科疾患治療に日々努力いたします。
現在も少ないスタッフですが、部署内ばかりでなく他診療科やコメディカルとのチームワークを大切にし、1日も早く診療・手術を軌道に乗せるべく努力しております。皆様には温かい御支援を賜ります様、お願い申し上げます。

佐々木 達也

佐々木 達也Dr.Tatsuya Sasaki

診療方針と特徴

仙台市内、宮城県内の各施設と連携し、患者さん中心で最新の医療を提供します。

主な対象疾患

  • 脳卒中 (くも膜下出血、脳内出血、脳梗塞など)
  • 脳腫瘍
  • 頭部外傷
  • 機能的脳神経疾患 (三叉神経痛、顔面神経など)
  • 小児奇形、水頭症

診療科の実績

当院での実績は未だ少ないですが、令和元年度(2019年度)は確実に増加しております。

平成30(2018)年度
入院総数80件
手術総数33件
観血手術28件
脳腫瘍5件
脳動脈瘤1件
うち未破裂1件
脳内出血0件
外 傷8件
血管内手術5件
うち脳動脈瘤0件

教育内容と特徴

医学部教室名称
脳神経外科学
研究テーマ
研究テーマは脳神経外科疾患の安全な診断・治療技術の開発です。脳神経外科の手術は一つ間違えると神経症状が後遺するため慎重な対応が求められます。我々は手術合併症を回避するため全身麻酔の状態でも神経機能を把握できる『術中神経モニタリング』を開発・臨床応用しています。更に低侵襲手術の開発・臨床応用を行っており、患者さんが早期に日常生活に戻れるような手術治療を目指しています。また手術に限らず患者さんの管理にも力を入れており、くも膜下出血後の脳血管攣縮の治療など困難な病態に対する集学的な予防・治療法を研究しており、小児から高齢者まで幅広く対応しています。
教育方針

医学部の学生教育においてはまず、脳神経外科医が行っていることやできることをわかり易く教え、脳神経外科のやりがいや充実感を感じとってもらい、一人でも多くの学生に興味を抱かせ、後期研修先として脳神経外科を目指す学生が増えるように努力いたします。また、魅力ある教室作りをすることによって、実習にきた学生が『脳神経外科に進もう』『東北地方に残ろう』と感じる環境作りも重要と考えております。

取得可能な資格

  • 脳神経外科専門医
  • 脳卒中専門医
  • 神経内視鏡技術認定医
  • 脳卒中の外科技術認定医
  • 脳神経血管内治療専門医(平成31(2019)年4月以降)

志をともにする医師を募集

患者さんを診療するにあたっては何を基準に診療方針を考えたらよいでしょうか。我々は患者さんを自らの家族と同様に思い、診断・治療にあたる医師を募集しています。そのためには常に最先端の知識・技術を得ることに努力し、必要であれば様々な施設と連携し、最先端の技術を開発・提供することが必要です。我々の教室はできたばかりですが意欲に満ちています。是非、共に未来の脳神経外科を作りましょう。

病院代表窓口(総務グループ) E-mail:Please enable javascript

ページトップへ

診療時間・お問合わせ

〒983-8512 仙台市宮城野区福室1-12-1

TEL:022-259-1221

FAX:022-259-1232

[受付時間] 8:30~11:30 ※予約診療の方は予約時間までにお越しください。

[診療時間] 8:30~17:15

※診療科により受付時間・診療時間が異なりますので、下記の[各診療スケジュール]をご確認ください。

[休 診 日] 土日祝祭日および年末年始

[面会時間]11:30~13:00 15:00~20:00

TOPへ

臨床研修医 宮城県に位置する東北医科薬科大学病院では、臨床研修医として、豊富な症例数と一人一人に合わせたプログラムで充実した研修を受けることができます。
イベントや病院見学会等を多数行っていますので、ぜひご参加ください。