診療科・部門

HOME > 診療科・部門 > 診療科:病理診断科

病理診断科

当科では、生検組織、手術切除組織、細胞診検体に対する病理診断および病理解剖を行なっています。

診療科長あいさつ

当院の病理診断科は昭和61(1986)年病理部としての開設から30年間病理診断を担当してきました。平成28(2016)年4月に病理診断科と呼称が変更され、現在、病理診断科には常勤病理医2名、非常勤病理医1名、臨床検査技師3名(いずれも細胞検査士)が所属し、年間3,500件ほどの組織診断、200件ほどの術中迅速診断、3,000件ほどの細胞診断を行っています。

適切な医療を提供していくうえで、病理診断は病院機能の重要な項目の一つにあげられます。
今後は医学部附属病院の病理診断科として、各診療科ごとのより専門性の高い症例の病理診断の依頼が増加することと考えられます。
これからも各診療科と密に連携をとりながら病理診断業務を担当していきたいと思います。

村上 一宏

村上 一宏Dr. Kazuhiro Murakami

診療方針と特徴

正確で速やかな病理診断に努めています。

診断の難しい症例に関しては、東北大学医学部病理部や病理学会などへコンサルテーションを行うなどし、診断の質の維持に努めています。

近隣医療機関の病理診断の委託に応じていますが、今後その範囲を広げることも考えています。

主な対象疾患

各診療科の病理診断依頼全般に対応しています。

診療科の実績

病理診断件数 平成30(2018)年

組織診断5,202件
術中迅速診断365件
細胞診断2,857件

教育内容と特徴

医学部教室名称
病理学
研究テーマ
  • トランスレーショナルリサーチを意識した
    ステロイドホルモンと腫瘍の研究
教育方針

医学教育については、基礎病理学の講義、実習を病理学講座の教官とともに担当します。

取得可能な資格

新専門医制度における病理専門医取得のための研修については、東北大学の連携施設として指導を行ないます。

志をともにする医師を募集

今後の病理診断依頼件数の増加、業務内容の拡充に応じ、医師の増員が望まれます。
平成31(2019)年4月の新大学病院棟使用開始後、依頼件数がとくに増加することと考えられます。

また、各科の臨床・病理カンファランス開催の希望に応えたいと思います。
詳細は、以下のメールアドレスに診療科を明記の上お問い合わせください。

病院代表窓口(総務グループ) E-mail:Please enable javascript

ページトップへ

診療時間・お問合わせ

〒983-8512 仙台市宮城野区福室1-12-1

TEL:022-259-1221

FAX:022-259-1232

[受付時間] 8:30~11:30 ※予約診療の方は予約時間までにお越しください。

[診療時間] 8:30~17:15

※診療科により受付時間・診療時間が異なりますので、下記の[各診療スケジュール]をご確認ください。

[休 診 日] 土日祝祭日および年末年始

[面会時間]11:30~13:00 15:00~20:00

TOPへ

臨床研修医 宮城県に位置する東北医科薬科大学病院では、臨床研修医として、豊富な症例数と一人一人に合わせたプログラムで充実した研修を受けることができます。
イベントや病院見学会等を多数行っていますので、ぜひご参加ください。