病院について

HOME > 病院について > 病院理念・方針

病院理念・方針

令和2(2020)年度東北医科薬科大学病院の運営方針

基本理念

院是『忠恕』(真心を尽くし、思いやりの心で務める)の精神に則り、
心のこもった医療・最も新しい医療・納得できる医療の実践に努める

目標

医療機関としての目標

  • 大学病院として備えるべき幅広い診療体制の構築と設備計画
  • 大学病院として求められる先進的医療の実践
  • 特定機能病院取得に向けた体制の整備
  • 医療安全体制の強化と医療の質の向上
  • 病院機能の維持と向上
  • 各種基準取得推進に伴う付加価値のあるチーム医療の推進
  • 情報公開の推進
  • 健全な病院経営実現のための体制の強化
  • 地域医療支援体制の強化
  • 若林病院との連携強化

教育機関としての目標

  • 医育医療機関(医学・薬学)としての体制整備
  • 高い専門性を有した専門職育成のための教育体制の確立

研究機関としての目標

  • 専門性の高い医療の実践を通した臨床研究の推進

目標達成のための具体的対策

医療機関としての目標

1.大学病院として備えるべき幅広い診療体制の構築と設備計画
  • 1)新大学病院棟の稼働により、新外来・新入院患者数の増加をはかる
  • 2)救急センターと救急科病床の拡充と強化をはかる
  • 3)臨床検査部の拡充と強化をはかる
  • 4)内視鏡センターの強化をはかる
  • 5)各診療科外来の拡充と強化をはかる
  • 6)外来化学療法センターの強化をはかる
  • 7)新大学病院棟における血管撮影室の機能強化により、カテーテル診断・治療機能の向上をはかる
  • 8)新大学病院棟における手術室の機能強化により、手術件数の増加とより高度で難易度の高い手術の実践をはかる
  • 9)メディカルスタッフの増員により診療体制の強化をはかる
2.大学病院として求められる先進的医療の実践
  • 1)手術支援ロボットを活用した低侵襲手術の推進をはかる
  • 2)ハイブリッド手術室を活用し高度の循環器疾患の治療の推進をはかる
  • 3)高度な技術を要する脳神経外科の手術件数の増加をはかる
  • 4)社会の要請に応じた先進医療の導入実践をはかる
3.特定機能病院取得に向けた体制の整備
  • 1)特定疾患治療研究事業に係る診療件数を令和7(2025)年度を目途に年間500件以上を目指す
  • 2)英語論文件数を令和7(2025)年度を目途に年間70件以上を目指す
  • 3)後期臨床研修医数を令和7(2025)年度を目途に年間30人以上目指す
4.医療安全体制の強化と医療の質の向上
  • 1)特定機能病院の要件を満たす医療安全管理体制の整備をはかる
  • 2)医療安全管理部の機能強化をはかる
  • 3)院内感染対策の充実をはかる
  • 4)医療相談室の機能強化と充実をはかる
  • 5)災害拠点病院としての体制を充実させる
  • 6)院内IT化の推進と電子カルテの機能向上をはかる
5.病院機能の維持と向上
  • 1)7:1看護体制を維持する
  • 2)看護職員夜間配置加算の取得を目指す
  • 3)病床利用率の向上と各診療科DPCⅡ期以内の在院日数を目指す
  • 4)地域がん診療連携拠点病院の取得を目指し、病棟・外来の効率的な運用をより一層進める
  • 5)新専門医制度に対応し、基幹施設となる領域の拡大に努める
  • 6)新専門医制度における専攻医の獲得に努める
  • 7)臨床研修医室を拡充整備する
  • 8)放射線科関連基準の取得を目指す
  • 9)医療連携体制のさらなる強化をはかる
  • 10)職員健康管理体制の維持・向上をはかる
  • 11)職務環境向上のために保育施設の拡充と保育機能の強化をはかる
6.各種基準取得推進に伴う付加価値のあるチーム医療の推進
  • 1)がん診療、NST、褥瘡、ICT、呼吸器ケア、心臓リハ、嚥下改善、骨粗リエゾンなどの
      院内横断的チーム活動の活性化をはかる
  • 2)医療クラークの各診療科配置を進める
7.情報公開の推進
  • 1)病院情報提供ツールとしてのWebサイトの一層の充実をはかる
  • 2)病院広報誌により地域住民への情報発信に努める
  • 3)公開講座の実践により市民や地域医療機関を対象とした最新医療情報の発信に努める
8.健全な病院経営実現のための体制の強化
  • 1)地域のニーズを的確に捉えるため、登録医の意見を反映できる組織を構築する
  • 2)患者支援・医療連携センターの強化により、病床運営の効率化と医療連携の推進をはかる
  • 3)医療材料費など医業支出の内容や手順を見直し、病院経営改善を推進する
  • 4)戦略的な収益向上策とコスト管理手法の検討等により、安定的な経営基盤を確保する
9.地域医療支援体制の強化
  • 1)地域医療支援を一括管理する地域医療総合支援センターにより一層の地域医療支援の強化をはかる
  • 2)救急医療の実践体制を充実・強化する
  • 3)総合診療専門医の育成体制を強化する
  • 4)地域の登録医との意見交換や交流事業の推進をはかる
  • 5)登米市民病院、東北文化学園大学との協力によりNPを導入した新しい地域医療・在宅医療の開発を推進する
  • 6)先進医療から公衆衛生学的な医療情報を提供し地域の健康への意識改革を推進する
10.若林病院との連携強化
  • 1)福室本院と若林病院の医療機能の分担を明確にし、両院の協力体制を推進する
  • 2)病院経営統合に伴うシナジー効果の向上をはかる

教育機関としての目標

1.医育医療機関(医学・薬学)としての体制整備
  • 1)既存病院棟を医学教育における臨床実習の実践が可能となるように改修を進める
  • 2)薬学教育のための実地修練体制の強化をはかる
  • 3)医学・薬学教育の病院修練における双方向の教育体制の強化をはかる
  • 4)地域医療教育サテライトセンターを活用し、医学教育における地域医療学習を推進する
  • 5)臨床研究・専門研修など卒後教育の充実をはかるため卒後研修支援センターを強化する
  • 6)充実した臨床研修を可能とするための環境整備に努める
2.高い専門性を有した専門職育成のための教育体制の確立
  • 1)e-Learningの導入など病院職員の教育体制の充実と効率化をはかる
  • 2)各種医療職の専門性の向上に向けて学会・研修会・セミナーなどへの積極的参加を支援する
  • 3)業務評価制度の導入を検討する
  • 4)専攻医に係る専門研修プログラムの充実をはかる

研究機関としての目標

1.専門性の高い医療の実践を通した臨床研究の推進
  • 1)臨床研究と治験の審査の枠組みを見直し、臨床研究・治験推進体制のために組織を再構築する
  • 2)臨床研修支援業務のための環境整備と人員増強に努める
  • 3)他大学・医療機関との連携による他施設臨床研究の中核となる組織となることを目指す
  • 4)医師主導治験の実施を推進する
  • 5)受託研究の実施を推進する
  • 6)専門性の高い医療の実践を通して公的研究費の獲得に努める
  • 7)医学部及び薬学部の特性を活かし、臨床研究・医薬相互研究を推進する

個人情報保護・患者さんの権利

個人情報保護・患者さんの権利につきましては以下ページをご参照ください。
個人情報保護・患者さんの権利

ページトップへ

診療時間・お問合わせ

〒983-8512 仙台市宮城野区福室1-12-1

TEL:022-259-1221

FAX:022-259-1232

[受付時間] 8:30~11:30 ※予約診療の方は予約時間までにお越しください。

[診療時間] 8:30~17:15

※診療科により受付時間・診療時間が異なりますので、下記の[各診療スケジュール]をご確認ください。

[休 診 日] 土日祝祭日および年末年始

[面会時間]11:30~13:00 15:00~20:00

TOPへ

臨床研修医 宮城県に位置する東北医科薬科大学病院では、臨床研修医として、豊富な症例数と一人一人に合わせたプログラムで充実した研修を受けることができます。
イベントや病院見学会等を多数行っていますので、ぜひご参加ください。