病院について

HOME > 病院について > 病院長あいさつ

病院長あいさつ

 本院は、その前身である東北厚生年金病院が昭和57(1982)年に現在地に新築移転し、平成25(2013)年に東北薬科大学附属病院となった後、東北薬科大学に医学部が新設されるにともなって平成28(2016)年4月1日に東北医科薬科大学病院として生まれ変わりました。平成31(2019)年4月には新大学病院棟が完成し大学病院としての診療機能が大きく向上しました。また、平成28(2016)年入学の医学部一期生も4年次を迎えこの秋から臨床実習が始まり、名実ともに大学病院として機能し始めます。福室の地で30有余年、地域医療への貢献に努めてまいりましたが、これからは地域医療を担う医師育成機関としての重責も担うこととなり、薬学、看護、そのほか医療に関わるスタッフの育成も含めて力を尽くすとともに、先進的で安全な医療の実践のために努めてまいります。そのために以下のような目標を定めました。

医療機関としての目標

  • 大学病院として備えるべき幅広い診療体制の構築と設備計画
  • 大学病院として求められる先進的医療の推進
  • 特定機能病院取得に向けた体制の整備
  • 医療安全体制の強化と医療の質の向上
  • 病院機能の維持と向上
  • 各種基準取得推進にともなう付加価値のあるチーム医療の推進
  • 情報公開の促進
  • 健全な病院経営実現のための体制の強化
  • 地域医療支援体制の強化
  • 若林病院・名取守病院との連携強化

教育機関としての目標

  • 医育医療機関(医学・薬学)としての体制整備
  • 高い専門性を有した専門職育成のための教育体制の確立

研究機関としての目標

  • 専門性の高い医療の実践を通した臨床研究の推進

 東北医科薬科大学病院は、このような目標の達成によってこれまで地域医療へ果たしてきた役割をさらに強化・充実させるとともに、従来からの薬剤師、看護師、理学療法士などの医療専門職の育成に加えて東北地方における医師不足解消に貢献するための優秀な医師の育成を担う機関としてこれまでの殻を脱皮し大きく成長していくことを目指します。

<略歴>
  • 昭和50(1975)年
    東北大学医学部卒業
  • 昭和54(1979)年
    東北大学大学院医学系研究科修了
  • 昭和63(1988)年
    米国ロサンゼルス市シーダース・サイナイ・メディカルセンター研究員
  • 平成12(2000)年
    東北大学加齢医学研究所
    呼吸器外科学分野教授
  • 平成27(2015)年
    東北薬科大学病院病院長
  • 平成28(2016)年
    東北医科薬科大学病院統括病院長

ページトップへ

診療時間・お問合わせ

〒983-8512 仙台市宮城野区福室1-12-1

TEL:022-259-1221

FAX:022-259-1232

[受付時間] 8:30~11:30 ※予約診療の方は予約時間までにお越しください。

[診療時間] 8:30~17:15

※診療科により受付時間・診療時間が異なりますので、下記の[各診療スケジュール]をご確認ください。

[休 診 日] 土日祝祭日および年末年始

[面会時間]11:30~13:00 15:00~20:00

TOPへ

臨床研修医 宮城県に位置する東北医科薬科大学病院では、臨床研修医として、豊富な症例数と一人一人に合わせたプログラムで充実した研修を受けることができます。
イベントや病院見学会等を多数行っていますので、ぜひご参加ください。