診療科・部門

HOME > 診療科・部門 > 診療科:脳神経内科

脳神経内科

脳神経内科は、脳、脊髄、末梢神経、筋肉などの神経系の疾患を診療する内科です。
科学や医療の進歩とともに、今なお新たな知見が常に生まれている分野です。

診療科長あいさつ

当科は、東北厚生年金病院神経内科を前身とし、35年間にわたり地域の神経疾患診療に携わってまいりました。

対象疾患は脳梗塞急性期、脳炎や髄膜炎などの緊急性の高いものから、片頭痛やてんかんなどの比較的身近な疾患、免疫学的治療を要する自己免疫疾患、筋萎縮性側索硬化症などの難治性の神経難病に至るまで非常に幅広く、他の内科的疾患に合併する神経障害も含めれば数え切れない数の疾患が対象になります。パーキンソン病やアルツハイマー病などは高齢化とともに年々増加しており、多発性硬化症などの自己免疫疾患も増え続けています。今後も脳神経内科の対象となる患者数は益々増え続け、脳神経内科医の活躍の場は際限なく拡がることが予想されます。

当科はあらゆる神経疾患に対応し、専門性を活かして高度な診療を施してまいります。

中島 一郎

中島 一郎Dr. Ichiro Nakashima

診療方針と特徴

神経疾患全般に対して、質の高い医療を心がけています。6名の神経内科専門医が常勤で勤務しています。

  • 脳卒中専門医が常勤し24時間体制でMRI検査が稼働し、急性期リハビリを交えた急性期脳梗塞治療を行っています。また神経免疫疾患、神経感染症、てんかんなどの神経救急疾患にも対応しております。
  • 神経変性疾患を幅広く診療しています。パーキンソン病に対して核医学検査(MIBG心筋シンチ、DATスキャン、脳血流シンチ)による早期診断が可能です。筋萎縮性側索硬化症に対する在宅人工呼吸器管理も行ってまいりました。
  • 15年間にわたり高次脳機能障害支援拠点病院として活動してきました。近年、認知症疾患医療センターとしての活動も開始しました。

主な対象疾患

  • 脳卒中
  • 神経系の感染症(髄膜炎、脳炎など)
  • 神経変性疾患(パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症など)
  • 多発性硬化症
  • 末梢神経障害
  • 脊髄疾患
  • 筋疾患(筋ジストロフィー、筋炎、重症筋無力症など)
  • 認知症(アルツハイマー病など)
  • てんかん
  • 頭痛(片頭痛、緊張型頭痛など)

その他脳神経系に関する幅広い病気を扱います。

診療科の実績

新患外来受診患者数
平成30(2018)年度

疾患名件 数
1脳血管障害157件
2頭 痛121件
3末梢神経疾患(脳神経含む)108件
4めまい症104件
5脊椎疾患79件
6パーキンソン病・パーキンソン症候群73件
7認知症・水頭症を含む65件
8てんかん・けいれん59件
9脱髄疾患36件
10本態性振戦30件
11筋疾患24件
12腫 瘍14件
13運動ニューロン疾患13件
14膠原病・全身炎症性疾患10件
15脳炎・髄膜炎・脳症9件
16脊髄小脳変性症7件
17重症筋無力症6件
18その他129件
合 計1,044件

入院患者数
平成30(2018)年度

疾患名件 数
1脳血管障害116件
2パーキンソン症候群29件
3脱髄疾患28件
4脳炎・髄膜炎15件
5末梢神経疾患13件
6運動ニューロン疾患10件
7てんかん9件
8認知症(正常圧水頭症含む)9件
9脊椎疾患7件
10膠原病・全身炎症性疾患5件
11筋疾患5件
12脳腫瘍4件
13重症筋無力症2件
14脳 症2件
15脊髄小脳変性症2件
16その他50件
合 計306件

教育内容と特徴

医学部教室名称
老年神経内科学
研究テーマ
  • 神経疾患の高次脳機能障害
  • 免疫性神経疾患の病態解明
  • 神経難病のネットワーク構築
教育方針

神経内科学は症候学を基本とし、問診から得られる病態の推測と、神経診察や高次脳機能診察による病巣部位の同定により診断や原因に結びつけることが可能な学問です。神経内科学を習得するには脳解剖や神経生理の基礎的な知識が必要になり、診断には幅広い疾患の知識が必要になります。当科では症候学を重視した学生教育や研修医教育を実施し、学問としての神経内科学を修得しつつ、あらゆる神経疾患に対応できる人材を育成します。

取得可能な資格

日本神経学会の教育施設や、日本脳卒中学会の認定研修教育病院に指定されています。
このため、神経内科専門医や脳卒中専門医などの資格を、従来の診療実績から求められる最少年数で取得可能です。

志をともにする医師を募集

当科では脳梗塞を含む神経救急の対応、多くの免疫性神経疾患の診療、神経難病の在宅支援など幅広い診療を行っています。当科がカバーする診療圏は広く、毎日多数の新患が受診します。コモンディジーズの外来診療、神経救急、新薬開発(治験)、難病支援、基礎教室との共同研究など、後期研修医はもちろんのこと、あらゆる脳神経内科医の欲求に応えられます。
楽しみながら、向上心を持って専門性を高める意欲のある仲間を募集しています。

病院代表窓口(総務グループ) E-mail:Please enable javascript

ページトップへ

診療時間・お問合わせ

〒983-8512 仙台市宮城野区福室1-12-1

TEL:022-259-1221

FAX:022-259-1232

[受付時間] 8:30~11:30 ※予約診療の方は予約時間までにお越しください。

[診療時間] 8:30~17:15

※診療科により受付時間・診療時間が異なりますので、下記の[各診療スケジュール]をご確認ください。

[休 診 日] 土日祝祭日および年末年始

[面会時間]11:30~13:00 15:00~20:00

TOPへ

臨床研修医 宮城県に位置する東北医科薬科大学病院では、臨床研修医として、豊富な症例数と一人一人に合わせたプログラムで充実した研修を受けることができます。
イベントや病院見学会等を多数行っていますので、ぜひご参加ください。