HOME > 診療科・部門 > 救急センター > 業務内容

業務内容

救急センターでは、救急科・総合診療科が中心となり、「歩いて救急外来を受診」する患者さんから、「心停止、原因不明の意識障害、ショック、外傷、中毒、アナフィラキシー」等で救急搬送される重症の患者さんまで、幅広く初期診療を行います。
専門診療科を特定できない患者さんでは、複数の診療科が連携して診療を行います。
休日・夜間でも、採血、心電図、超音波、レントゲン検査、CT検査、MRI検査などを実施可能です。

  • 老若男女を問わず、軽症から重症まで地域の救急医療ニーズに答え診療します。
  • 救命に必要な処置は、時期を失せず救急外来で迅速に開始します。
  • 他科の専門医や他の職種との連携と調和を図りつつ、目の前の患者にとって最適な救急医療を実践します。
  • 災害時に多数傷病者診療(トリアージとその後の診療)を行います。
  • 病院前救急医療の担い手である救急救命士・救急隊員と協調し、
    メディカルコントロールのもとで彼らの指導と助言を行います。
  • 医学生、研修医が、救急・総合診療を修練する場となります。

ページトップへ

診療時間・お問合わせ

〒983-8512 仙台市宮城野区福室1-12-1

TEL:022-259-1221

FAX:022-259-1232

[受付時間] 8:30~11:30 ※予約診療の方は予約時間までにお越しください。

[診療時間] 8:30~17:15

※診療科により受付時間・診療時間が異なりますので、下記の[各診療スケジュール]をご確認ください。

[休 診 日] 土日祝祭日および年末年始

[面会時間]11:30~13:00 15:00~20:00

TOPへ

臨床研修医 宮城県に位置する東北医科薬科大学病院では、臨床研修医として、豊富な症例数と一人一人に合わせたプログラムで充実した研修を受けることができます。
イベントや病院見学会等を多数行っていますので、ぜひご参加ください。