東北医科薬科大学病院看護部ページへようこそ!

東北医科薬科大学病院

教育プログラム

看護部の教育方針

  • 1 病院の理念、看護部の方針に基づいて、質の高い看護を提供できる看護師を育成する。
  • 2 継続教育は、看護のプロフェッショナルとして臨床看護実践能力を高め、患者ケアの質の向上を目的とする。
  • 3 現任教育は、それぞれの立場と段階に応じた教育の機会と教育的な援助を行う。
  • 4 一人ひとりの学習ニーズや目標は、自己申告を尊重し、看護のプロフェッショナルとしての発達を支援する。
  • 5 社会の動向・医療環境を踏まえ一人ひとりに合った研修の機会を提供する。
  • 6 現任教育計画に基づいて、臨床看護実践能力が高められるよう、看護実践、管理、教育、研究に必要な知識・技術・態度に関する学習の機会を提供する。
  • 7 それぞれの役割に応じた外部研修、学会派遣などの機会を提供する。
メッセージ(所属:消化器内科)

 私が当院に就職を決めた理由の一つが、当院の卒後教育がしっかりしているということでした。学校では、たくさんの講義や実習を受けましたが、臨床で働くことは誰もが不安だと思います。
 当院では、1年ごとに目標・目的に合わせて研修があります。入職5年目は看護研究を実施し、根拠に基づいた知識が深まり自分の知りたかったことを学ぶことが出来ました。
 希望をすれば、定期的に大学の教員に自分の研究について助言をもらうこともできます。私は、病棟スタッフや看護研究を推進している先輩看護師、宮城大学の教員に支援をして頂き、看護研究をまとめることが出来ました。このように、勉強がしやすい環境も当院の魅力のひとつだと思います。

勉強会の記録「看護部院内教育委員会」

勉強会の記録「看護部院内教育委員会」 当院ではe-ラーニングを採用しています

TOPへ