東北医科薬科大学病院看護部ページへようこそ!

東北医科薬科大学病院

新人教育

新人教育プログラムに基づいて、一年間の充実した新人看護教育を計画しています。

新人看護師が安心で安全な看護ケアを提供できるよう、臨床実践能力を磨く研修を行います。
配属先では、先輩看護師が実地指導者として一対一でバックアップします。
研修責任者、研修担当者はベテランの看護師が担当し、さらに病院全体で新人看護師をサポートする環境を整えています。

新人教育プログラムの流れ

新人教育のポイント

ローテーション研修

ローテーション研修

入職後の一年間に、自分の配属以外の病棟、手術室、ICUなどを回ります。技術の習得だけでなく、部署の違いや共通点を肌で感じ、自分の看護について振り返ることができます。
新人の時期にローテーション研修をすることで、今後自分の看護の質を高めるための基礎となり、研修終了後は大きな成長を実感できます。

メンタルヘルス

看護師が技術を習得し、患者さんと笑顔で向き合いながら、様々な経験をしていく過程で心や体が疲れてしまうことがあります。そんな時は外部のカウンセラーによるカウンセリングを受けることが可能です。

メディカルトレーニングセンター

メディカルトレーニングセンター

メディカルトレーニングセンター(MTC)では様々なモデル、シミュレーターを用いた技能習得、救急・急変対応、技術トレーニングが可能です。
医学部生のほか、看護師、コメディカルスタッフ、研修医が共に学ぶ場となっています。

指導員x研修体験者

 当院では卒後研修が充実しています。各分野の認定看護師の先輩方からの講義・演習を受け、アセスメント力や正確な知識と看護技術を培うことができます。さらに、ローテーション研修ではチーム医療としての看護師の役割、多職種連携について深く考える機会となります。

 入職当初は出来ない事や分からない事ばかりで、焦りと不安を感じていましたが、プリセプターをはじめ病棟の先輩方が常に気にかけ、丁寧に指導してくださいました。今では先輩方のおかげで看護の楽しさ・やりがいを感じ、少しずつ自信を持って患者さんと関わることができています。

 看護のやりがいを感じながら、向上心を持って働ける素敵な職場です。

TOPへ