Why TMPUH?

    • 1.地域型の大学病院だから症例数・バリエーションが豊富

      当院は、他の大学病院とは異なり、「市中病院としての実績」と「大学病院の機能」という2つの要素を併せ持つ、いわば「地域密着型大学病院」。Common diseaseの症例数も多く、1次救急から高度医療まで幅広い臨床経験が積める診療体制は、研修にふさわしいといえます。診療科の増設により、症例数と疾患のバリエーションも大きく広がり、多彩な経験が可能です。
      2019年度は産科分娩の取扱いが開始となる見通しです。

      症例数データ

      診療科 年間外来患者延数 年間入院患者数 外来患者数
      (一日平均)
      入院患者数
      (一日平均)
      総合診療科 3,498 274 14.6 16.4
      呼吸器内科 7,730 350 32.2 20.8
      循環器内科 11,484 984 47.9 25.7
      消化器内科 20,689 1,662 86.2 42.0
      腫瘍内科 2,666 297 11.1 8.0
      糖尿病代謝内科 11,613 207 48.4 12.8
      腎臓内分泌内科 9,696 406 40.4 18.4
      脳神経内科 7,993 347 33.3 3.7
      感染症内科 2,002 163 8.3 4.3
      がん治療支援(緩和)科 1,117 122 4.7 6.7
      呼吸器外科 5,191 783 21.6 22.4
      心臓血管外科 2,557 220 10.7 13.4
      消化器外科 3,751 447 15.6 18.5
      乳腺・内分泌外科 3,003 96 12.5 2.3
      整形外科 9,283 511 38.7 34.9
      呼吸器外科 4,774 605 19.6 21.2
      乳腺・内分泌外科 2,674 92 11.0 2.5
      心臓血管外科 2,828 198 11.6 14.5
      整形外科 9,392 463 38.5 35.1
      脳神経外科 907 198 3.8 9.6
      形成外科 2,714 76 11.3 3.3
      肝胆膵外科 1,210 171 5.0 7.5
      精神科 10,440 162 43.5 31.0
      血液・リウマチ科 15,815 282 65.9 26.9
      小児科 6,175 544 25.7 4.8
      皮膚科 9,736 117 40.6 5.3
      泌尿器科 7,918 412 33.0 10.5
      産婦人科 5,474 359 22.8 6.9
      眼科 15,672 1,594 65.3 9.5
      耳鼻咽喉科 12,986 889 54.1 17.2
      リハビリテーション科 1,290 10 5.4 3.0
      放射線科 5,749 24.0
      病理診断科 5,474 359 22.8 6.9
      救急科 6,579 308 27.4 8.0
      麻酔科
      臨床検査部

      (2019年度実績)

    • 2.大学病院+横断的な医療

      医師としてのキャリアを形成していく上で重要な「専門医」資格。

      これまで各学会が独自に行ってきた専門医認定が、第三者機関である「日本専門医機構」による認定に変わるなど、2018年度から新制度に移行しました。当院では、「内科、外科、小児科、精神科、麻酔科、臨床検査、形成外科及び総合診療」の8領域で基幹施設となっており、2019年度は更に「整形外科、泌尿器科、耳鼻咽喉科」領域の基幹施設となる予定です。
      専門医資格の取得を見据え、初期研修中に経験した症例の病歴要約や症例登録作成の系統的指導など、3年目以降の専門研修、さらにはその後のサブスペシャリティ領域へ、初期研修医から継続的なキャリアパスを支援します。

      研究に秀でた指導医も多く、積極的に学会・研修会での発表指導も行います。数年後、東北医科薬科大学に設置される予定の大学院への進学も含め、学位・専門医・指導医資格の取得といった大学病院ならではの多様なキャリアパスが可能です。

      一方で、大学病院にありがちな縦割りの医局制はとらず、診療科別の部屋ではなく「大部屋」医局にしています。
      物理的な壁を設けないことで、診療科間の垣根が低く、お互いの顔が見えるという従来の一般病院のよい点がそのまま残っており、居心地の良い職場環境です。普段から密にコミュニケーションをとっているので、他科コンサルトしやすいというメリットもあります。

      看護師をはじめとするコメディカルスタッフとの距離も近く、従来、薬学・看護・そのほか医療に関わるスタッフの育成にも取り組んできたため、研修医の教育にも協力的です。

    • 3.先端的医療機器と充実した教育リソース

      当院では手術支援ロボットda Vinci(ダヴィンチ)の最新機種“Xiシステム”や最新型のCT・MRIなど最新鋭の医療機器を導入し、先端的な医療を実践しています。
      2019年度よりメディカルトレーニングセンター(シミュレーションセンター)が新設され、より安全な医療を提供するための技術研修が可能となります。

      院内では医中誌Web、メディカルオンライン、Up To Date、Clinical Key、Springer Link、Wiley Online Library、The Cochrane Library等のデータベースや電子ジャーナルが利用可能です。
      2018年度からは隣接する医学部の大学図書館がオープンし、膨大な医学図書・雑誌の閲覧や文献データベースにアクセスできるようになりました。

      また、各診療科持ち回りによるセミナーや勉強会、ハンズオン形式の手技セミナーも豊富に開催されており、研修医教育に力を注いでいます。

    • 4.被災地の病院だからできること

      地震と津波による大きな被害をもたらした東日本大震災から6年余が経過しましたが、いまだに東北地方沿岸部の復興は十分とはいえません。復興を妨げている要因の一つに、沿岸部の医療資源が壊滅状態に陥った現状があります。
      この未曽有の大震災で疲弊した東北地方の医療を支援するため、「東北薬科大学」にわが国で37年ぶりとなる医学部が開設され、当院も医学部附属病院として、地域医療に貢献する医師を養成することとなりました。

      東北地方の医師不足による医療過疎や医療崩壊の現状、そして今後の超高齢化社会を踏まえ、「東北地方の安心を支える医療・福祉」に貢献できる医師を養成していきます。

    • 5.様々な進路、広がる可能性

      研修医の出身大学は東北地方だけでなく、日本全国の大学となっています。研修医は出身大学に関係なく、地域に貢献できる医師を目指し共に研修に励んでいます。
      また、当院ではキャリアアップを後押ししており、研修修了後の進路も幅広いのが特徴です。

      研修医の出身大学

      出身大学 2018年度 2019年度 2020年度
      弘前大学 1
      秋田大学 2
      岩手医科大学 1 2 2
      山形大学 1 3 4
      東北大学 1 1 2
      福島県立医科大学 1
      獨協医科大学 1
      東海大学 1
      杏林大学 1
      山梨大学 1
      京都大学 1
      奈良県立医科大学 1
      久留米大学 1
      合計 7 6 15

      研修修了後の進路(2019年度研修修了研修医)

      専門研修先 人数
      東北医科薬科大学病院 3
      東北大学病院 1
      仙台医療センター 1
      東京健康長寿医療センター 1
      湘南鎌倉総合病院 1

  • 6.新大学病院棟誕生!

    新大学病院棟は、ハイブリッド手術室、バイオクリーンルームを含め手術室9室のほか、リニアックなど高機能の機器を備えた放射線治療室や画像診断室等を有しており、これまで以上に高度で先進的な医療の提供が可能となります。
    病床数はICU14床を含め148床で、既存病院と合わせた病床数は600床となり、名実ともに大学病院にふさわしい体制が整うことになります。

    → 新大学病院棟特設ページはこちら

お問い合わせ

連絡先:東北医科薬科大学病院 医学部卒後研修支援センター
TEL:022-259-1221 FAX:022-259-1232