病院長・センター長メッセージ

病院長メッセージ

近藤 丘

病院長 近藤 丘

東北の素晴らしい医療の実現に向かって

 2016年4月に医学部が開設し、「東北医科薬科大学病院」へと生まれ変わった今、当院は医学部附属病院に相応しい、診療体制の充実、優れた教育体制、ハード面の拡充と、進化の真っ只中にあります。
 東北医科薬科大学の医学部は、地域医療を実践する医師を育成することを目的に新設されました。そのため当院も一般的な大学医学部の附属病院とは異なり、これまで地域で果たしてきた市中病院としての役割をさらに充実させていきます。高度医療、先進医療だけでなく、地域医療を担う幅広い疾患に対応できる診療体制は臨床研修の場に相応しいと考えています。救急も、高次救急に特化するのではなく、1次~3次まで幅広く診ていきます。元々が市中病院であるため、各診療科の垣根が低く、上とも横ともコミュニケーションが取りやすいのも魅力です。
 仕事とは、「他者の役に立ち、社会の役に立つこと」それは全職種で言えることであり、風通しの良い環境だからこそかなうものだと思っています。医学部新設の成長期にある附属病院での研修は、当院でしかできない経験でしょう。明日の東北の、素晴らしい医療の実現に向かって共にチャレンジしましょう。

センター長メッセージ

柴田 近

副病院長・卒後研修支援センター長
柴田 近

チャレンジと成長の連続を共に

 当院は2016年の医学部開設に伴い、東北医科薬科大学病院として再スタートを切りました。地域医療に貢献できる医師の養成を使命として誕生した大学ですので、学生はもちろんですが、臨床研修に関してもその使命は貫かれることになります。診療科、医師数共にこの数年間で大幅に増加しました。また、新病棟や教育研究棟が完成し、最先端の医療機器も導入され、初期研修もより充実した環境下で行うことができます。
 とは言え、医師として最も重要な、常に冷静さを保ち患者さんのことを第一に考える“patient first”の精神を持ち続けることを忘れてはいけないと考えています。何かあったらまず現場にかけつけて患者さんの状況を把握する、「フットワークの軽い医師」を育てることを目標に掲げています。
 当院の多くの診療科では、いわゆる新専門医制度下で基幹病院として申請済み・申請予定で、初期研修後の専門研修、さらにはその後のサブスペシャリティ領域へ、継続的なキャリアパスを支援します。大学院の設置も予定されており、学位取得も可能になります。学位を取得後、そのままスタッフとして当院でご活躍頂くことも可能です。
 今後の5年間は、当院がダイナミックに変貌して行く時期になるでしょう。他の病院では体験できないようなことが数多くあり、非常にやりがいがあります。私たちと一緒に新しい病院を作り、病院と共に成長していける意欲に満ちた方をお待ちしています。

お問い合わせ

連絡先:東北医科薬科大学病院 医学部卒後研修支援センター
TEL:022-259-1221 FAX:022-259-1232