東北医科薬科大学病院について

東北医科薬科大学病院当院の前身である東北厚生年金病院は、1982年よりこの場所で地域の医療を支えてきました。その後、2013年東北薬科大学の附属病院に、そして、2016年にわが国で37年ぶりの医学部が新設されたことで、東北医科薬科大学病院として新たなスタートを切りました。

医学部附属病院となったことで、診療科の新設、従来の診療科へのスタッフ増員がありました。2019年には新大学病院棟が完成し、よりハード面の充実が図られました。病床数はICU14床を含め148床で、既存病院と合わせた病床数は600床となり、名実ともに大学病院にふさわしい体制が整うことになります。

これまで地域医療へ果たしてきた役割をさらに強化・充実させるとともに、地域医療に貢献できる優秀な医師を育成、さらには、高度医療や研究にも力を注ぎながら、大きく成長していくことを目指します。

卒後研修支援センターについて

目的

東北医科薬科大学医学部卒後研修支援センターは、2016年10月に設立されました。
当センターは、卒前教育との連携を図りながら、教員や病院所属医師の“卒後教育”(臨床研修・専門研修)を支援し充実させること、および本学卒業生の東北地方定着に向けた支援を目的としています。

業務内容

  • 研修医の募集および任用に関すること
  • 卒後臨床研修カリキュラムの企画立案および実施に関すること
  • 研修医の評価に係る業務に関すること
  • 研修関連医療機関等との連絡・調整に関すること
  • 学部教育との連携に関すること
  • 専門医等の育成に関すること
  • 地域医師等の生涯教育の支援に関すること
  • その他卒後臨床研修に関する事項

担当教員

卒後研修支援センター センター長 柴田  近 (外科学第一(消化器外科) 教授)
卒後研修支援センター副センター長 住友 和弘 (地域医療学 准教授)
卒後研修支援センター副センター長 室谷 嘉一 (リハビリテーション学 准教授)
卒後研修支援センター センター員 酒井 啓治 (産婦人科学 准教授)
卒後研修支援センター センター員 北沢  博 (小児科学 助教)
卒後研修支援センター センター員 植田 寿里 (地域医療学 助教)

お問い合わせ

連絡先:東北医科薬科大学病院 医学部卒後研修支援センター
TEL:022-259-1221 FAX:022-259-1232