診療科・部門

HOME > 診療科・部門 > 診療科:ペインクリニック外科

ペインクリニック外科

英語ではペインは痛み、クリニックは医療機関という意味です。
すなわち、「ペインクリニック」とは痛みを持っている患者さんを診療し、痛みの緩和とそれによる生活の質の改善を目的とした診療科です。症状や身体所見から多角的に痛みの原因を診断し、薬物療法のみでなく神経ブロック療法など様々な方法を用いて、痛みを緩和するための治療を行い、生活の質を向上させます。

痛みは私たちにとって嫌なものですが、だからといって痛みがなければ良いというわけではありません。痛みを感じないとするとケガをしても、お腹が痛くなっても異常を感じないので病院に行くことはありません。しかし、症状は悪化していき取り返しがつかないことになるかもしれません。
したがって、痛みを感じることは私たちの体を守る生体の防御システムとして重要なものです。
しかし、その「警告としての痛み」ではない不必要な痛みはないに越したことはありません。そういった痛みがペインクリニックの治療の対象になります。例えば、病気が治っているにも関わらず長引く痛みや慢性的な痛み、ぎっくり腰など急激な痛みなどです。
これらの痛みに対する適切な診断と治療により痛みを軽減させ、生活の質を向上させます。

河野 達郎

河野 達郎Dr. Tatsuro Kohno

診療方針と特徴

  • 専門的な知識と技術をもとに、症状や身体所見から痛みを評価し、原因を診断し、適切な検査や治療を行います。
  • 神経ブロック療法や薬物療法などの痛みの治療を行います。
  • 神経ブロックには硬膜外ブロック、星状神経節ブロック、トリガーポイントブロック、三叉神経ブロック、後頭神経ブロックなどの様々なブロックを行います。神経ブロックは、診察、画像診断の情報から痛みの原因とその部位を特定し、最適な神経ブロックを選択します。
  • 通常は局所麻酔薬を用いて神経ブロックを行いますが、緩和医療の患者では神経破壊薬を用いることもあります。

主な対象疾患

ぎっくり腰(急性腰痛症)、椎間板ヘルニアや変形性腰椎症などの腰痛、膝の痛み、肩関節周囲炎などの肩の痛み、帯状疱疹による痛み、三叉神経痛、頭痛、筋・筋膜性疼痛、手術後の長く続く痛み、複合性局所疼痛症候群、がんの痛みなど。

診療科の実績

新しい診療科ですので、当院での実績はまだありません。

教育内容と特徴

医学部教室名称
麻酔科学
研究テーマ
  • 脊髄における鎮痛薬の作用機序の研究
  • 慢性疼痛のメカニズムの研究
教育方針

取得可能な資格

日本ペインクリニック学会専門医(研修施設の指定後)

志をともにする医師を募集

痛みで苦しんでいる患者さんは大勢います。痛みを緩和するペインクリニックに従事したいという方は大歓迎です。

病院代表窓口(総務グループ) E-mail:Please enable javascript

ページトップへ

診療時間・お問合わせ

〒983-8512 仙台市宮城野区福室1-12-1

TEL:022-259-1221

FAX:022-259-1232

[受付時間] 8:30~11:30 ※予約診療の方は予約時間までにお越しください。

[診療時間] 8:30~17:15

※診療科により受付時間・診療時間が異なりますので、下記の[各診療スケジュール]をご確認ください。

[休 診 日] 土日祝祭日および年末年始

[面会時間]11:30~13:00 15:00~20:00

TOPへ

臨床研修医 宮城県に位置する東北医科薬科大学病院では、臨床研修医として、豊富な症例数と一人一人に合わせたプログラムで充実した研修を受けることができます。
イベントや病院見学会等を多数行っていますので、ぜひご参加ください。