部門

栄養管理部

栄養管理部の姿勢

「美味しい食事の提供と適切な栄養管理の実践」

栄養管理部では、患者さんの病状にあわせ一人ひとりにあった食事を提供しています。一般食の場合は、患者さんの性別・年齢・体格・病状・身体活動レベルに合わせ食事量を1,200~2,000kcalと200kcalごとの対応としております。また、病態に合わせた治療食については、管理栄養士が食事内容の説明にお伺いし、治療食の提案が出来るように対応しています。

栄養管理部の基本方針
1、治療の一助となる食事の提供
2、安全な食事の提供
3、喜ばれる食事の提供

栄養管理について
各病棟担当の管理栄養士が喫食状況の確認・栄養相談におうかがいしております。患者さんの生活背景や食習慣を考慮しながら、個々人に合わせた提案を行なっています。ご相談がありましたら病棟担当栄養士にお声をかけてください。
また、入院中の患者さんに、もっとも適した栄養管理を実施するため低栄養や食欲不振の患者さんには、多職種が関わっている栄養サポートチーム(NST)が対応いたします。

入院中のお食事時間
配膳時間:朝食 7:30 昼食 12:00 夕食 18:00
当院の給食は直営で行っています。大量調理施設衛生管理マニュアルに基づき管理しています。また、温かい料理・冷たい料理を適温で召し上がれるよう、温冷配膳車を使用しています。

行事食 
季節ごとの行事には行事食にメッセージカードを添えて入院生活に潤いをもっていただけるよう心がけています。 

お正月・成人の日・節分・ひな祭り・春分の日・こどもの日・土用丑の日・七夕・お盆・敬老の日・お月見・体育の日・冬至・クリスマス・年越しなどの行事食を提供しています。

お正月・ひな祭り

個人対応
主食(パン・おにぎり・麺類)の選択、ハーフ食、スライス食など、形態別対応と食物アレルギーにも随時対応しております。
嚥下食(飲み込みやすい形態の食事)への対応
当院はリハビリ科医師、言語聴覚士の指示のもと嚥下障害の患者さんへ、造影検査評価にて一人ひとりに合った食事内容を提供しています。
また患者さんが食べやすいように、ソフト食やムース食を取り入れています。
※ 嚥下障害とは=むせや飲み込みにくくなって食べるのが困難になること。
食べ物が気管や肺にはいり、窒息や肺炎を起こす場合もあります。

ソフト食・ムース食の形態

ソフト食・ムース食の形態

※ 嚥下食の自宅での対応について、きめ細かな食事相談を行っていますので担当医師・看護師に声をかけてください。
(食材の購入方法・料理法の工夫・具体的な形態など)

栄養相談について

○ 管理栄養士が医師の指示に基づいて栄養相談を行っています。

外来
糖尿病、肝臓病、腎臓病、循環器疾患、消化器疾患、術後食、嚥下食、低栄養、食欲不振、離乳食など平日(月~金)の8:00~16:00まで治療食の相談に当たっております。希望されるかたは主治医にお申し出ください。随時行っております。
糖尿病外来
平日(月~金)糖尿病代謝内科の診療時間内は、糖尿病療養指導士認定取得の管理栄養士が常時していますので、いつでもご相談ください。
腎臓病外来
平日(火~木)腎臓内分泌内科の診療時間内は、管理栄養士が常時していますので、いつでもご相談ください。
集団指導
糖尿病教室:医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師
※ 多種スタッフで教室を行っていますので、食事だけではなく、生活、病態について知ることも出来ますので、主治医・担当看護師にご相談ください。

生活習慣病予防への啓蒙活動
糖尿病週間啓蒙活動(11月)

ページトップへ

診療時間・お問合わせ

TOPへ