患者さんへ

治験とは

東北医科薬科大学病院では、治験を含む様々な臨床試験を行っております。
臨床試験とは臨床研究の一部であり、新しい治療方法(医薬品や医療用器具など)が正しいか(効果や安全性)を証明する為に行う、人を対象とした試験のことをいいます。その臨床試験の中でも、国の承認を得る為に行う試験のことを「治験」といいます。臨床試験を行うには患者さんのご協力が必要です。


治験の必要性

 病気で苦しんでいる人が世の中にはたくさんいますが、その人達を助けてくれるのが、薬であり医療用機器です。それでも病気がよくならない人達には、より効き目があり、安全に使うことのできる薬(医療機器)の開発が求められます。新しい薬(医療機器)の開発には、あらかじめ患者さんにこの薬(医療機器)を使用していただき、その安全性と有効性を詳しく調べる必要性があります。
 その為に行われる試験、特にその結果(成績)を厚生労働省に認めてもらう為に行われる試験のことを「治験(ちけん)」と呼んでいます。

ページトップへ

診療時間・お問合わせ

TOPへ