センター紹介

臨床研究支援センター長あいさつ

畑中 貞雄

臨床研究支援センター長 畑中 貞雄

臨床研究支援センターは様々な臨床研究の計画、実施、およびその評価の支援をおこなう組織です。臨床研究には、新しく開発された薬剤や医療機器、検査法などの臨床試験(治験、自主臨床試験など)のほか、認可された薬剤や医療機器の認可後の評価や、別の治療への応用の可能性を試す臨床試験(製造販売後臨床試験、製造販売後調査)などがあります。これらのうち、当センターで最も多くの力を注いでいるのが医薬品等の承認申請を目的とする臨床試験(治験)です。これは「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する(厚生労働省の)省令」(GCP:good clinical practice)に沿って行われます。治験は、まず前臨床試験として種々の動物を使った様々な実験が行われ、有用性の認められた薬剤の候補によって4段階(Ⅰ相、Ⅱ相、Ⅲ相、Ⅳ相)で臨床試験が進められます。

さて当院では、治験を円滑に推進するために治験事務局を平成10(1998)年4月に設置し、新GCP下の治験体制をスタートさせております。
平成13(2001)年には院内CRC(Clinical Research Coordinator)による治験の支援を開始し、平成19(2007)年4月には、自主研究を含めたすべての臨床試験の支援を行うために、臨床研究支援センターとして独立いたしました。

私どものホームページより、患者さんには当院での治験情報や最新の治療に関する情報を提供することや、依頼者の方や院内の方々には手順書、各種申請書のダウンロードや各種情報の掲示提供することができるようになりました。
このホームページが患者さんはもちろんのこと、臨床研究に関係する方々にご利用いただければ嬉しく思います。

平成28(2016)年10月記

スタッフ紹介

センター長畑中 貞雄(薬剤師)
治験事務局長畑中 貞雄(薬剤師)
副センター長瀬戸 初江(副病院長・看護部長)
臨床研究コーディネーター遠藤 朋子(看護師・日本臨床薬理学会認定CRC)、
横山 敦子(看護師)、三塚 理奈(看護師)、布施 克浩(薬剤師)
データマネージャー横橋 祐子(看護師・日本臨床薬理学会認定CRC・上級CRC・日本癌治療学会認定DM)
事務員高橋 博美(事務職員)、眞壁 菜津美(事務職員)、鹿内 七恵(事務職員)

連絡先:臨床研究支援センター
TEL:022-259-1221  FAX:022-387-1450  E-mail:tikennhosp.tohoku-mpu.ac.jp

臨床研究支援センター組織図

センター組織図



ページトップへ

診療時間・お問合わせ

TOPへ