高次脳機能障害の診断・評価

高次脳機能障害の診断・評価

画像検査
MRIやCT、PET、脳波などにより、脳の損傷された部位や機能を見ることができます。
神経心理学的検査
知能検査、記憶検査、注意機能検査、遂行機能検査、失語症検査などにより、脳のさまざまな認知能力を評価することができます。
問診
事故や病気の過程、現在の生活状況、行動、以前の生活歴などの情報を得て、評価・診断をより確実なものとし、支援の手がかりとすることができます。

ページトップへ

診療時間・お問合わせ

TOPへ